読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1500回のカフェ男子

楽しくカフェの事をお伝えします!

スポンサー
MENU

ドトールのモーニング徹底紹介!お得にモーニングを楽しもう!

f:id:doutorer:20170413145529j:plain

 

今回はドトールの「モーニング」について徹底的に紹介させていただきます!

 

この記事では、ドトールのモーニングの基本情報とともに、100%以上にドトールのモーニングを満喫する方法も紹介してたいと思います!

 

ぜひともドトールのモーニングの魅力を骨の髄までしゃぶりつくしていただきたい!

 

 

 目次

 


スポンサー

 

何時までやってる?料金は?

 

ドトールのモーニングは朝10:30までやっています。

 

ドトールは「八重洲中央口店」のように早いところは6時30分より営業を開始しております。僕のイメージでは7:00に開店が多い感じです。

 

 

料金はドリンクとセットで390円。ワンコインでも100円以上のお釣りが来る。かなりお得です。

 

ドリンクは以下から選べます。なお単品で頼んだ時の値段も合わせて記載させていただきます。

 

ドリンクのサイズは+50円でMに+100円でLにすることが可能。

 

ブレンドコーヒー(S)220円 アメリカンコーヒー(S)220円 カフェ・ラテ(S)250円
ティー(M)220円 エスプレッソコーヒー(S)220円 アイスコーヒー(S)220円
アイスカフェ・ラテ(S)250円 アイスティー(S)250円  

 

 

カフェラテとアイスティーと商品単価250円と高いので、ついつい得した気分になりたくて本当はブレンドコーヒーの気分なのにカフェラテを頼んでしまうことが多いです。

 

皆さんはこの30円の差に惑わされることがなく、その時飲みたいと思ったドリンクを選んだ方がドトールのモーニングをより充実したものにできると思います。

 

 

ドトールのモーニングへのこだわり

 

ドトールにモーニング限定のセットが生まれたのは2010年の話しです。 

 

モーニングを開発するにあたっては、 理想の朝食を生み出すために、イングリッシュやバンズなどの40種類以上の試作を重ねる。

 

その結果、モーニングには「驚きよりは定番を」ということでトーストに決まったそうです。

 

僕は以前まではドトールのモーニングメニューに対して

 

「トーストなら家でも作れそうだし、外で食べるのはなんかお金がもったいないな」

 

という風に考える時期もありましたが、ヘビーローテーションでドトールのモーニングを利用していくと、定番のものである方がなかなか飽きの来ずに、生活に自然と取り込みやすいというメリットがあるように思います。

 

 

また、ドトールのモーニングは3種類と言えど、その3種類がそれぞれに違う魅力を放っているので飽きづらいという側面を強めてくれます。

 

 

モーニングのメニュー一覧

 

ドトールのモーニングは3種類あります。それぞれ紹介させていただきます。

 

f:id:doutorer:20170413145708j:plain

 

〈基本情報〉
・商品名 Aセットハムタマゴサラダ
・値段:390円(318kcal)
 
 
ハムタマゴサラダは薄切りハム、タマゴ、シャキシャキレタス、トマトをトーストで挟んだとてもシンプルなメニューです。
 
 
シンプルが故に安定して食べることができます。一時期毎朝のように食べていました。
 
 
(Aセットハムタマゴサラダの詳しいレポートはこちらに⇒ドトールのモーニングAセット「ハムタマゴサラダ」は永遠に食べれちゃう?
 
 

f:id:doutorer:20170406221837j:plain

 
〈基本情報〉
・商品名 Bセットビーフパストラミとチェダーチーズ
・値段:390円(267kcal)
 
 
Bセットは季節によってメニューが変わっていきます。
 
パストラミとは香辛料をきかせた肉の燻製のようです。肉はすごく柔らかいです。チーズが肉の美味しさを引き立ててくれています。
 
朝から少し刺激的な味わいです。
 
 

f:id:doutorer:20170514204924j:plain

 
〈基本情報〉
・商品名 Cセットジャーマンドッグ
・値段:390円(279kcal)

 

ジャーマンドッグはソーセージもパンもマスタードも超こだわられて三位一体の最強のコンビネーションを発揮しています。コーヒーとの相性抜群の安定のモーニングセットです。

 

(ジャーマンドッグの凄さについてはこちらの記事に⇒「ジャーマンドッグ」のこだわりと愛がすごい!

 

 

 

ドトールのモーニングの魅力は「量」にもあります。

 

あまり量が多すぎず、食べすぎて眠くなったりすることがないので、朝からバリバリ働くことができます。

 

 

また、トーストは焼き加減に結構差があるので「今日は好みの焼き加減だ!いいことあるかも!」という風に占い感覚でトーストを眺めるのもよいのではないでしょうか。

 

 

よりモーニングを満喫するには!?

 

 

ドトールでよりモーニングを美味しく味わう方法がございます。

 

それは「テラス席」での活用です!

 

ドトールには「吉祥寺公園口店」「たまプラーザ店」「新横浜駅前店」「西荻窪北口店」などテラス席が併設されてる店舗が数多くあります。

 

天気がいい日に外で食べるモーニングはまた格別です。

 

その中で一番モーニングをするにはぴったりのテラス席は「東池袋一丁目店」です。

 

f:id:doutorer:20170518210659j:plain

 

 

この店舗の前には公園があって、休日は家族連れの方が居たりするので、ほのぼのとした光景を眺めながら優雅にモーニングを楽しむことができます。

 

池袋に朝から寄る用事があるよ~という方がいましたら、お試しくださいませ。

 

 

まとめ

 

ドトールのモーニングにはそれぞれのメニューにこだわりがあります。

 

390円でこんなにこだわっててお得だな~という思いを抱えながら、ドトールのモーニングを楽しんでみてください。


スポンサー