Enjoy Cafe!

Enjoy Cafe!

コーヒーチェーンを中心にカフェの魅力を伝えていくサイトです。

ドトールのモーニング徹底紹介!時間・値段・メニュー・こだわり!学んでお得に楽しもう!

f:id:doutorer:20170413145529j:plain

 

今回はドトールの「モーニング」について紹介させていただきます。

ドトールのモーニングの基本情報やこだわり、100%以上にドトールのモーニングを満喫する方法なども、お伝えさせていただければと思っております。

 

 

スポンサーリンク

 

 

何時まで?土日もやってる?持ち帰りはできる?

ドトールのモーニングは朝10:30までやっています。

 

ドトールは「八重洲中央口店」のように早いところは6時30分より営業を開始しております。僕のイメージでは7:00に開店するところが多いように感じます。

 

また、モーニングは土日平日問わず実施しています。平日は通勤前の方の利用で、朝から混んでることが多いです。意外と休日の方が空いていたりします。

 

なお、持ち帰りも可能です!モーニングに限らず、ドトールの商品は基本的には全て持ち帰りできるので、必要に応じてテイクアウトもご活用ください。

 

値段は?~お得なドリンクの注文の仕方!?~

値段はドリンクとセットで390円。ワンコインでも100円以上のお釣りが来ます。お得ですね。

 

セットドリンクは下記から選べます。なお単品で頼んだ時の値段も合わせて記載させていただきます。ドリンクのサイズは+50円でMに+100円でLにすることが可能。

 

ブレンドコーヒー(S)220円 アメリカンコーヒー(S)220円 カフェ・ラテ(S)250円
ティー(M)220円 エスプレッソコーヒー(S)220円 アイスコーヒー(S)220円
アイスカフェ・ラテ(S)250円 アイスティー(S)250円  

 

カフェラテとアイスティーと商品単価が250円と高いので、ついつい得した気分になりたくて本当はブレンドコーヒーの気分なのにカフェラテを頼んでしまうことが多いです。

 

皆さんはこの30円の差に惑わされることがなく、その時飲みたいと思ったドリンクを選んだ方がドトールのモーニングをより充実したものにできると思います。

 

モーニングの誕生秘話

ドトールのモーニング限定のセットが生まれたのは2010年の話しです。 

モーニングを開発するにあたっては、 理想の朝食を生み出すために、イングリッシュやバンズなどの40種類以上の試作を重ねたそうです。その結果、モーニングには「驚きよりは定番を」ということでトーストに決定。

 

ドトールのモーニングは、出勤前のサラリーマンが日常的に利用するケースが多いのが特徴です。僕もサラリーマン時代は、よくドトールのモーニングを食べました。飽きがきずらく、ちょうどいい量なので、出勤前には最適でした。

 

ドトールのモーニングが支持されている背景には、「驚きより定番を」というコンセプトにより、毎日訪れても飽きることのないメニューのラインナップだからと言えるでしょう。

 

フードの開発はどのように行われている?

メニューは定番のものに加えて、目新しさを重視した季節限定のメニューがあります。季節限定メニューでは、味だけではなく色合いなども重視されます。

 

春であれば春らしい雰囲気のものがよいと「タラモサラダ~熟成ベーコン~」のように、桜の色を連想させるピンク色の明太子ソースを使った商品がリリースされたこともありました。

 

f:id:doutorer:20171025191209j:plain

(画像元:https://www.doutor.co.jp/news/newsrelease/detail/20140312114428.html

 

メニューを作る上で、アイデアは10以上出されると言います。開発担当者は、よい商品のアイデアを出すために、ヒントを求めて街をぶらつくこともあるそうです。自分で作ったり、実際に食べたり、試作品をチェックしていき最終的に3つくらい候補を残した中から、メニューを決めるそうです。

 

準備は半年以上前から取り組まれるそうです。ドトールのモーニングのメニューは考えに考え抜かれた結果に、誕生しているのですね。

 

スポンサーリンク

 

 

モーニングのメニュー一覧

ドトールのモーニングは3種類あります。それぞれ紹介させていただきます。

 

Aセットハムタマゴサラダ

f:id:doutorer:20170413145708j:plain

商品名:Aセットハムタマゴサラダ 

料金 カロリー
390円(税込み) 318kcal

 

ハムタマゴサラダは薄切りハム、タマゴ、シャキシャキレタス、トマトをトーストで挟んだとてもシンプルなメニューです。

 

シンプルが故に安定して食べることができます。一時期毎朝のように食べていました。

 

(Aセットハムタマゴサラダの詳しいレポートはこちらに⇒ドトールのモーニングAセット「ハムタマゴサラダ」は永遠に食べれちゃう?

 

Bセット たらもサラダ

f:id:doutorer:20180301090421j:plain

(画像元:https://www.doutor.co.jp/dcs/menu/list/morning.html

商品名:Bセット たらもサラダ

料金 カロリー
390円(税込み) 308kcal

 

Bセットは季節限定のメニューで、時期によって変わっていきます。2018年3月1日より発売されている「たらもサラダ」は、春を意識して桜色がふんだんに使用されています。

 

たらことじゃがいもが使用されており、ゆず風味の爽やかな味に仕上がっています。春らしくもありながら、習慣として食べても飽きないようなモーニングメニューとなっております。

 

詳しくは⇒ドトールコーヒー|モーニングBセット「たらもサラダ」について 

 

Cセットジャーマンドック

f:id:doutorer:20170514204924j:plain

 

商品名:Cセット ジャーマンドック

料金 カロリー
390円(税込み) 279kcal

 

ジャーマンドッグはソーセージもパンもマスタードも、大変こだわられていています。コーヒーとの相性抜群の安定のモーニングセットです。ジャーマンドックには希望があればケチャップをつけることができます。

 

(ジャーマンドッグの凄さについてはこちらの記事に⇒「ジャーマンドッグ」のこだわりと愛がすごい!

 

 

ドトールのモーニングの魅力は「量」にもあります。あまり量が多すて、食べたら眠くなるということがないので、ビジネスマンの方なども朝からバリバリ働くことができると思います。

 

また、トーストは焼き加減に結構差があるので「今日は好みの焼き加減だ!いいことあるかも!」という風に占い感覚でトーストを眺めるのもよいのではないでしょうか。

 

よりモーニングを満喫するには!?

ドトールのモーニングをより美味しく味わう方法がございます。それは「テラス席」の活用です!

 

ドトールには「吉祥寺公園口店」「たまプラーザ店」「新横浜駅前店」「西荻窪北口店」などテラス席が併設されてる店舗が数多くあります。天気がいい日に外で食べるモーニングはまた格別です。

 

「東池袋一丁目店」のテラス席は開放的でとてもおすすめです。

 

f:id:doutorer:20170518210659j:plain

 

この店舗の前には公園があって、休日は家族連れの方が居たりするので、ほのぼのとした光景を眺めながら優雅にモーニングを楽しむことができます。

 

「池袋に朝から寄る予定がある」という方がいましたら、ぜひお試しくださいませ。

 

毎日通うなら「ドトールバリューカード」でお得に!

毎日通うのでしたら、利用ごとにポイントが貯まる「ドトールバリューカード」を作成するのがおすすめです。

年会費もかからず発行費用も実質無料です。最大ポイント還元率11%と、非常に使い勝手のよいカードです。モーニングを利用するならば、持っておいて損はないと思います。(詳しくは⇒ドトールバリューカードを完全活用!クレジットカードで二重取りもできる! 

まとめ

ドトールのモーニングにはそれぞれのメニューにこだわりがあります。

「390円でこんなにこだわられているのを食べれてお得だなー」という思いを抱えながら、ドトールのモーニングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

ドトールの知っておきたいおすすめメニュー!年間1000回カフェに通う男が厳選!

カフェのモーニングメニュー大全!行きたいコーヒーチェーンが必ず見つかる!

 

スポンサーリンク