学んで楽しむコーヒーチェーン

学んで楽しむコーヒーチェーン

コーヒーチェーンのことを学んで楽しんでいただきたいです!

カフェのモーニングメニュー大全!行きたいコーヒーチェーンが必ず見つかる!

f:id:doutorer:20180118200730j:plain

 

皆さん、朝食はどこで食べてますか?

カフェでモーニングをすると素敵な1日のスタートが切れているようで、とても晴れやかな気持ちになります。

しかし、いざ行こうと思っても、ドトール・タリーズ・コメダ…モーニングを提供するカフェは数多くあって、どこへ行ったらいいか困惑してしまうこともあるかと思います。

 

今回は、コーヒーチェーンを中心に年間1000回カフェに通う私が、皆さんにぴったりのモーニングが見つけるお手伝いをさせていただければと思っております。

※記事は随時更新してまいります。 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ブランド別にモーニングを探す!

店舗数が多いコーヒーチェーンのモーニングの「時間」「価格」「特徴」などを簡単にまとめさせていただきました。ご参考になれば幸いです。価格は全て税込みで記載しております。

ドトールコーヒー

f:id:doutorer:20180123082406j:plain

写真:Cセット ジャーマンドッグ(390円)

<時間>OPEN-AM10:30

<価格>390円

 <特徴>モーニングは3種類。全て390円というお手頃価格で楽しめのが魅力。Cセットは、ジャーマンドッグとブレンドのコンビネーションは鉄板。たまに食べたくなります。

 

詳しくは⇒ドトールのモーニング  

 

コメダ珈琲店

f:id:doutorer:20180123113243j:plain

写真:モーニングセット(おぐらあん)

<時間>OPEN-AM11:00

<価格>飲み物代のみ(ブレンド420円)

<特徴>コメダ珈琲店ではモーニング実施時には、全ての飲み物にトーストがついてきます。また、「卵ペースト、おぐらあん、ゆで卵」の3種類の中から1つ選んで無料でつけることができます。ドリンクチケットを活用すれば355円でモーニングを楽しむこともできます。

 

詳しくは⇒コメダ珈琲店のモーニング

 

タリーズコーヒー

f:id:doutorer:20180123084028j:plain

写真:ふわとろフレンチトーストセット(580円)

<時間>OPEN-AM11:30

<価格>530円-580円

<特徴>全部で6種類。ボールパークプレーンドッグセット(530円)はタリーズの定番商品。セットドリンクを本日のコーヒーにすれば、当日中に150円でおかわりがすることが可能に。

 

詳しくは⇒タリーズコーヒーのモーニング

 

サンマルクカフェ

f:id:doutorer:20180115153405j:plain

写真:チョコクロセット 313円

<時間>OPEN-AM11:00 

<価格>313円-453円

<特徴>サンマルクカフェの定番「チョコクロセット」や、日替わりで違うパンが楽しめる「日替わりパンモーニングセット(313円)」があります。313円という驚きの安さのモーニングは覚えておくと重宝します。

 

詳しくは⇒サンマルクカフェのモーニング

プロント

f:id:doutorer:20180123131514j:plain

写真:ソーセージエッグマフィンセット 420円

<時間>OPEN-10:00

<価格>390円-490円

<特徴>「あさのラテ クロワッサンセット(390円)」が人気。少し遅めに訪問したら売り切れていることもあります。10時という早い時間にモーニングが終了してしまうので注意が必要。

 

詳しくは⇒プロントのモーニング|メニュー・時間・テイクアウト・お得に楽しむ方法など!

珈琲館

f:id:doutorer:20180113092702j:plain

写真:トースト&スクランブル 飲み物代+160円

<時間>OPEN-AM11:00(店舗によって違いあり)

<価格帯>500円~680円

<特徴>珈琲館はチェーン店でありながら、店舗によって使用されている食器が違っていたりと、個人店のような雰囲気が漂っています。モーニングは懐かしくも癒やされる素朴な味わい。非日常感の強いモーニングです。

 

詳しくは⇒珈琲館のモーニング

 

星乃珈琲店

f:id:doutorer:20171227145007j:plain

写真:フレンチトーストモーニング 600円

<時間>OPEN-AM11:00

<価格帯>420円-700円

<特徴>星乃珈琲店のモーニングでおすすめなのが「フレンチトーストモーニング(600円)」。価格以上の満足度を得ることができるハイクオリティなモーニング。ちなみにドリンクチケット活用で、お得にモーニングを楽しむことができます。

 

詳しくは⇒星乃珈琲店のモーニング|メニュー詳細レポ・時間・テイクアウト・お得に楽しむ方法など!

カフェドクリエ

f:id:doutorer:20180115115157j:plain

写真:よくばりモーニングプレート ソーセージ&たまご

<時間>OPEN-AM11:00

<価格帯>460円-550円

<特徴>プレートにはソーセージや卵、またちょっとしたヨーグルトなど様々な品目が並び、ホテルの朝食ような雰囲気があります。天気のいい日に食べると、旅行に来たような気分になれます。

 

詳しくは⇒カフェドクリエのモーニング

 

ベローチェ

f:id:doutorer:20180116163651j:plain

写真:モーニングAセット カイザーツナメルトサンド 390円

<時間>OPEN-AM11:00

<価格帯>390円-450円

<特徴>ベローチェのモーニングと言えば「カイザーサンド」というパンです。歯ごたえのあるもっちり食感が癖になります。「Aセット カイザーツナメルトサンド(390円)」はツナとチーズの濃厚な味わいが美味しくておすすめ。

 

詳しくは⇒ベローチェのモーニング

 

エクセルシオールカフェ

f:id:doutorer:20180116160808j:plain

写真:フレンチトースト モーニング(480円)

<時間>OPEN-AM11:00

<価格帯>420円-480円

<特徴>「フレンチトースト モーニング(480円)」「クロックムッシュ(420円)」のモーニングが個人的にはおすすめ。本格的なイタリアンエスプレッソが楽しめるチェーン店で、僕はここのカフェラテが好きです。モーニングにも最適なドリンクです。

 

詳しくは⇒エクセルシオールカフェのモーニング

 

上島珈琲店

f:id:doutorer:20180118200730j:plain

写真:ベーコンエッグ&厚切りバタートースト 650円

<時間>OPEN-AM11:00

<価格帯>450円-650円

<特徴>上島珈琲店のモーニングはのんびりゆったりとした時間を提供してくれます。セットドリンクは「黒糖ミルク珈琲」がおすすめ。黒糖の甘さが朝の脳を奮い立たせてくれます。

 

詳しくは⇒上島珈琲店のモーニング

  

目的別にモーニングを探す! 

「何時までやってる?」時間から探す!

カフェのモーニングを探す際に「この時間までモーニングやってるところってあったっけ?」と、何時までかを調べることが僕は結構あります。ですので、下記にモーニング終了時間別にまとめさせていただきました。 

※店舗によって終了時間が異なるケースがあります。ご了承くださいませ。

10:00まで

プロントのモーニング

 

10:30まで

ドトールのモーニング

 

11:00まで

コメダ珈琲店のモーニング

サンマルクカフェのモーニング

ベローチェのモーニング

カフェドクリエのモーニング

星乃珈琲店のモーニング|メニュー詳細レポ・時間・テイクアウト・お得に楽しむ方法など!

エクセルシオールカフェのモーニング

珈琲館のモーニング

上島珈琲店のモーニング

カフェコロラドのモーニング

ベックスコーヒーのモーニング

元町珈琲のモーニング

シャノアールのモーニング

高倉町珈琲のモーニング

ゴリラコーヒーのモーニング

ピアーズカフェのモーニング

おかげ庵のモーニング

倉式珈琲店のモーニング

モリバコーヒーのモーニング

11:30まで

タリーズコーヒーのモーニング

 

12:00まで

ルノアールのモーニング

 

モーニングの時間の傾向

基本的にはモーニングは11時までやっているところが多いようですね。最も遅くまでやっているのがルノアールの12:00まで。しかもルノアールは最初にブレンドコーヒーだけ注文して後からモーニングに変更することができるので、小腹が空いた時に活用することも可能です。

タリーズの11:30までやっているのが個人的にはありがたいと感じています。少し早めの昼食として、モーニングの価格でランチをすることもできます。

モーニングとは言うものの朝食としてだけでなく、様々な活用の仕方をすることができるのです。

 

「安いのはどこ?」価格から探す!

「とにかく安いモーニングを見つけたい!」という方もいるかと思います。そこで、各コーヒーチェーンの最安値のモーニングメニューを、価格帯別に下記に記載させていただきました。なお、全て飲み物はセットの価格となっております。

 

400円以下

モリバコーヒー|五種の雑穀入りトースト 290円

サンマルクカフェ|チョコクロセット 313円

ベローチェ|モーニングAセット カイザーサンドツナメルト 390円

ドトールのモーニング|Aせット ハムタマゴサラダ 390円

プロントのモーニング|あさのラテ クロワッサンセット 390円

シャノアールのモーニング|Aセット ハーフトースト 390円

ベックスコーヒーのモーニング|小倉クリームチーズホイップ 390円

倉式珈琲店のモーニング|ハーフトースト・ゆで玉子 399円

450円以下

コメダ珈琲店|選べるトースト 420円

星乃珈琲店|厚切りトースト・ゆで卵 420円

エクセルシオールカフェ|クロックムッシュ 420円

上島珈琲店|厚切りバタートースト 450円

高倉町珈琲|トースト 420円

ピアーズカフェ|好きなパン+サラダ 410円

おかげ庵のモーニング|おにぎりセット 450円

500円以下 

カフェドクリエ|モーニングプレートソーセージ 460円

カフェコロラド|トーストモーニング 490円

珈琲館|トースト&ゆで玉子+珈琲館ブレンド 500円

 

550円以下

タリーズコーヒー|ボールパークドッグプレーンセット 530円

 

600円以上

ルノアールのモーニング

 

安いところがお得とは限らない?モーニングを最大限に活用する!

「安いところがよいならば400円以下のところばかり行けばお得なのか?」というと実はそうではありません。

 

もちろん、サンマルクカフェの313円モーニングやドトールの390円モーニングはとてもお得で僕も散々活用させていただきました。

ただ、それと比較してタリーズコーヒーの「ボールパークドッグプレーンセット530円」は高く見えるかもしれませんが、150円のおかわりコーヒーを活用した場合は全体で見れば安く抑えることが可能になるのです。

 

また、ドリンクチケットなどを活用すれば、コメダ珈琲店や星乃珈琲店も350円程でモーニングを楽しむことができます。様々な割引方法を活用することで、よりコーヒーチェーンはお得に楽しく過ごすことができるんです。

 

詳しくは⇒コーヒーチェーンのコーヒーを安い順に|お得に飲む方法・おかわり・コーヒーの特徴も! 

 

スポンサーリンク

 

 

少し贅沢なモーニングを探す!

「今日は贅沢したいのだけど、なんかおしゃれなモーニングないかな?」という方におすすめのカフェのモーニングメニューを厳選してお伝えさせていただきます。

 

高倉町珈琲(リコッタパンケーキ)

f:id:doutorer:20180112093713j:plain

写真:リコッタパンケーキ(飲み物代+470円)


高倉町珈琲の「リコッタパンケーキ(飲み物代+470円)」はブレンドコーヒー(420円)と合わせて890円と贅沢なモーニングです。「日本一のパンケーキ」を謳う「リコッタパンケーキ」は、チップスとクリームを和えたソースをかけて食べると、とても美味しいのです。

「高倉町珈琲」は老若男女、誰でも利用しやすいカフェなので「本当はパンケーキ食べたいけど店に行くのが恥ずかしい!」という男性の方にはぜひともおすすめしたい一品です。

 

詳しくは⇒高倉町珈琲のモーニング

 

元町珈琲(エッグベネディクト)

f:id:doutorer:20171221101018j:plain

写真:スペシャルモーニングセット~エッグベネディクト元町スタイル~ 飲み物代+280円

 

元町珈琲の「スペシャルモーニングセット~エッグベネディクト元町スタイル~」 はブレンド珈琲(450円)と合わせて730円となります。

見所はオランデーズソースを店員さんが目の前でたっぷりとかけてくれるところです。味は濃厚で当然美味しいのですが、エンターテイメント性に富んでいるところがよいです。普段のカフェのモーニングとは違う楽しみ方ができるので、デートに使うのにも最適だと思います。

 

詳しくは⇒元町珈琲のモーニング|エッグベネディクト|

 

モーニングの記事一覧から探す!

ドトールのモーニング 

コメダ珈琲店のモーニング

タリーズコーヒーのモーニング

サンマルクカフェのモーニング

プロントのモーニング

星乃珈琲店のモーニング

ベローチェのモーニング

カフェドクリエのモーニング

エクセルシオールカフェのモーニング

珈琲館のモーニング

ルノアールのモーニング

上島珈琲店のモーニング

カフェコロラドのモーニング

高倉町珈琲のモーニング

元町珈琲のモーニング

倉式珈琲店のモーニング

シャノアールのモーニング

ゴリラコーヒーのモーニング

ピアーズカフェのモーニング

モリバコーヒーのモーニング

 

カフェのモーニングは、それぞれに特色があって使い分けを考えるのも楽しいと思います。実際に訪れてみて、自分好みのカフェのモーニングを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

 

【カフェのメニュー関連記事】

カフェのメニュー大全!人気コーヒーチェーン特集!

 

スポンサーリンク