Enjoy Cafe!

Enjoy Cafe!

コーヒーチェーンを中心にカフェの魅力を伝えていくサイトです。

スタバのドリップコーヒー|パイクプレイスローストについて|1号店の名前がつけられている!

f:id:doutorer:20180303133115j:plain

 

スターバックスでは日替わりで違う味のドリップコーヒーが提供されています。

その中でも、今回は「パイクプレイスロースト」についてお話しさせていただきます。

 

ドリップコーヒーについて詳しくは⇒スタバのドリップコーヒー特集<おかわりの裏技・フードペアリング・楽しみ方は無限大!>

 

 

スポンサーリンク

 

 

スタバのドリップコーヒー基本情報

スターバックスでは、世界中のコーヒー産地から厳選されたアラビカ種コーヒー豆を使用。日替わりで様々なコーヒーが提供されています。

 

商品名:ドリップコーヒー

サイズ 値段 カロリー
Short 280円 10kcal
Tall 320円 15kcal
Grande 360円 19kcal
Venti 400円 25kcal

※価格は税抜き、カロリーはミルクの場合 

 

「パイクプレイスロースト」はスタバ1号店の名前がつけられている!

スターバックスの1号店である「パイクプレイス店」は、1971年アメリカのシアトルにある「パイクプレイスマーケット」の一角にオープンしました。この時はまだ、今のようなカフェスタイルではなく、高品質なコーヒーを求める人のためのコーヒー豆専門店でした。

 

「パイクプレイスロースト」はそんな1号店の名前に由来するドリップコーヒーなのです。

 

誕生秘話!スタバのコーヒーに革命を! 

「パイクプレイスロースト」が発売されたのは、2008年4月のことです。

それまでのスターバックスでは力強い味わいの深煎りのコーヒーを武器に多くのファンを獲得していたものの、一方でスターバックスのコーヒーは濃すぎると感じていた人もいました。

 

スターバックスの社内では、みんなに支持をされるように味のコーヒーを作った方がいいというような意見もありました。しかし、スターバックスのアイデンティティである力強い味のコーヒーを、捨てる訳にはいかないという考えから、濃すぎると感じる人向けのコーヒーは開発されずにいました。

 

そんな中、コンシューマー・レポート(顧客満足度調査の結果を発表を行うアメリカで権威のある情報誌)によると、マクドナルドよりもスターバックスの方がコーヒーの味の評価が低いという結果がでました。

それをきっかけに、スタバはバランスのとれた味わいの新しいコーヒーの開発に着手することになります。

 

目指すのは、今までの濃い味のコーヒーも好きだった人にも受け入れられ、なおかつ新しいお客さんにもスタバのコーヒーを好きになってもらえるような、そんな味のコーヒー。

 

そして、スターバックスの総力を結集し、誕生したコーヒーが「パイクプレイスロースト」なのです。

1号店の名前を取った理由には、過去を大切にしながら未来を受け入れるという思いも込められているようです。そして、10億杯以上売れて、人気のコーヒー豆となりました。

 

ちなみに「パイクプレイスロースト」はアメリカでは毎日提供されているコーヒーです。 

 

味の特徴は?実際に飲んだ感想は? 

スターバックスの公式ホームページによると「ココアや煎ったナッツのようなほのかな香ばしさに、バランスのとれたなめらかな口あたりが特徴のコーヒー」とあります。

 

実際に飲んでみると、コクがあって甘い香りがします。ほどよい苦みで、スタバの中では飲みやすい部類に入るコーヒーだと思います。リッチで滑らかな口当たりで、全体的にバランスのとれた味わいをしています。

 

飲みやすいコーヒーでありながらも、スタバらしさを感じることができるコーヒーです。スタバのコーヒーが初めてという人や、苦手意識がある人はこれをきっかけに、好きになる方もいるのではないでしょうか。

 

スタバのコーヒーの味は、苦手意識がある方も、一度ハマりだすと「スタバのコーヒーが飲みたい!」とあの力強い味が恋しくなる瞬間が出て来ると思います。ぜひ、そのような体験をするための第一歩として味わっていただきたいです。

 

相性のいいフードは何か?

相性のいいフードは、チョコレート、ナッツ、シナモンなど。ドーナツなどとも合うようです。バランスのよい味なので、極端に合わないようなものはない気がします。

 

最近、僕は自宅でカレーとか揚げ物とかと一緒にコーヒーを飲んだりすることが多いです。そういう食事系のものよりも、甘いフードの方が合いそうな感じがします。

 

パイクプレイスローストは自宅でも飲める!

「パイクプレイスロースト」のコーヒー豆はスターバックスの店頭やオンラインストア(送料別)で、250g1140円(税別)で購入することができます。また、その他ネット通販でも豆は購入することが可能です。

 

「パイクプレイスロースト」は、コーヒーにお湯を注ぐだけで本格的な味わいが楽しめる「スターバックス オリガミ」シリーズや、お湯に溶かして飲むタイプのコーヒーである「スターバックス ヴィア」シリーズでも飲むことができます。

 

キューリグというカプセルコーヒーメーカーを使うことで、パイクプレイスローストのカプセルバージョンも飲むこともできます。

 

「パイクプレイスロースト」は、定番の味わいなので、様々な方法で楽しむことができるのです。

 

【関連】

スターバックスオリガミ特集|自宅で本格的なコーヒー!ギフトにも最適?

スターバックスヴィア徹底解説!ギフトに最適?実際に飲んだ感想!

「キューリグ」でスタバのコーヒーを飲む方法を解説!感想は?【フレンチロースト】

 

 

 

 

スターバックスのドリップコーヒーは、それぞれに個性があって奥深いです。味の違いを知ることで、スターバックスライフがより楽しいものになるかもしれません。 

 

【ドリップコーヒー関連】

スタバのドリップコーヒー特集<おかわりの裏技・フードペアリング・楽しみ方は無限大!>

スタバのドリップコーヒー|エスプレッソローストについて|全てのエスプレッソドリンクに使用されている!?

 

スポンサーリンク