学んで楽しむコーヒーチェーン

学んで楽しむコーヒーチェーン

コーヒーチェーンのことを学んで楽しんでいただきたいです!

サンマルクカフェ|アフォガード|ロイヤルミルクティーのアフォガード!

f:id:doutorer:20171204113507j:plain

 

今回はサンマルクルカフェの「アフォガード」を紹介させていただきます。 

 

【関連】アフォガードとは|由来・食べ方・おすすめのカフェ

 

 

スポンサーリンク

 

 

アフォガードについて

値段とカロリー

 

商品名:アフォガード

料金 カロリー
440円 232kcal

※価格は税抜きです

 

特徴は?

 

一般的なアフォガードは、アイスクリームにエスプレッソ(凝縮された苦いコーヒー)をかけて食べます。サンマルクカフェの場合は、エスプレッソではなく「コーヒー・ロイヤルミルクティー・チョコ」の3種類の飲み物の中から、選ぶことがきます。

イタリアでは、紅茶をかけることもあるそうなのですが、日本のカフェではエスプレッソだけで、他はあまり見かけることがありません。貴重なアフォガード体験をできるのが魅力的です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

ロイヤルミルクティーのアフォガード!

f:id:doutorer:20171204113550j:plain

 

サンマルクカフェの「アフォガード」は、下の層にはフレークが敷かれていて、ソフトクリームの上にはアーモンドスライスがトッピングされています。

 

ソフトクリームにかけれることができる飲み物は「コーヒー/ロイヤルミルクティー/チョコ」から選ぶことができるので、エスプエッソのイメージからは遠い飲み物である「ロイヤルミルクティー」を選択しました。

 

f:id:doutorer:20171204151400j:plain

 

一般的にアフォガードは、主役はあくまでアイスクリームであり、注ぐ飲み物の量は基本的には少なくなっております。

サンマルクカフェのアフォガードの場合は、ロイヤルミルクティーの量が多く、全部入れると、アイスがとっぷりと飲み物の中に浸かります。

 

f:id:doutorer:20171204152142j:plain

 

食べてみると、ソフトクリームが溶けたロイヤルミルクティーを吸って、いい感じのしなり具合になったフレークはとても美味しいです。ソフトクリームの甘みとロイヤルミルクティーの香りが融合していて、普段とは違うアフォガード体験。全体的に適度な甘さ。

 

後半は、ロイヤルミルクティーの中に、ソフトクリームがほぼ溶け切ってしまい「バニラロイヤルミルクティー」と名がつくような飲み物になりました。器を持って飲むのはどこか恥ずかしさも感じますが、それはそれで楽しい体験となりました。

 

サンマルクルカフェの「アフォガード」を皆さんも試してみてはいかがでしょうか。

 

【関連】

アフォガードとは|由来・食べ方・おすすめのカフェ 

美味しいアフォガードを食べれるチェーン店まとめ!ドトール・タリーズ・エクセルシオールカフェ!

サンマルクカフェのドリンクは2杯目半額!カードなどでさらにお得に!