学んで楽しむコーヒーチェーン

学んで楽しむコーヒーチェーン

コーヒーチェーンのことを学んで楽しんでいただきたいです!

美味しいアフォガードを食べれるチェーン店まとめ!ドトール・タリーズ・エクセルシオールカフェ!

f:id:doutorer:20170731175211j:plain

 

冷たいソフトクリームに、温かいエスプレッソを注いで食べるアフォガード。想像しただけで美味しそうですがけど、実際食べる機会ってあまりないし、どこで食べれるかもあんまりよくわかんなかったりする印象です。

 

しかし、美味しいアフォガードって実はチェーン店でも食べれるんです!今回はコーヒーチェーンで食べることができる美味しいアフォガードを紹介させていただきます!

 

スポンサー

 

 

そもそもアフォガードとは?

アフォガードとは、アイスクリームやジェラートに飲料をかけて食べるスタイルのイタリアのデザート。「affogato」とはイタリア語で「溺れた」の意味で、かける飲み物はエスプレッソが最もポピュラーとのこと。

 

ちなみにイタリアでは紅茶をかけたり、カシスやカルーアといったリキュールをかけて食べるアフォガードもあるそうです。

 

ポイントとしては主役はあくまでアイスクリームなので、注ぐ飲み物の量は少なくした方がいいようです。

 

ドトールコーヒー~店舗限定の濃厚でダイナミックなソフト~

f:id:doutorer:20170731175329j:plain

 

こちらは店舗限定のアフォガード。西荻窪南口店で食べました。

 

値段は370円と、アフォガードの中では相当安い方だと思います。しかも、味はチープなものではないんです!

 

ソフトクリームのボリュームが凄く、ミルク感が強い濃厚な味わい!俺が主役だと言わんがばかりの佇まいで、エスプレッソを少しかけたくらいじゃ、そこまで味は変化していないように感じました。

 

少し邪道ではありますが、ソフトクリームを食べてからアフォガードをちょっとだけ飲むという食べた方もおすすめです。

 

甘くて濃厚なソフトクリームで冷えた口の中に、温かくて苦味が強いアフォガードが流れ込んでくる感覚はたまりません。幸せな緩急。

 

f:id:doutorer:20170801112827j:plain

 

ソフトクレームの下の層にはチョコフレークが入っています。後半、エスプレッソとソフトクリームを含んでシナっとなったフレークを食べるのは贅沢の極みです!

 

ダイナミックでわかりやすい味のアフォガードが食べたいという方にはオススメ!

 

タリーズコーヒー~アイスが自由に選べる!コーヒーゼリーバージョンも!~

f:id:doutorer:20170731183808j:plain

 

タリーズコーヒーのアフォガードは420円。なんと上に乗っているアイスは自由に選ぶことができます。

 

僕は冒険できずにすぐにバニラを選んでしまいますが、チョコレート・ストロベリー・宇治抹茶など様々な種類がありますので、自分好みのトリッキーなアフォガードにすることも可能!

 

タリーズのアフォガードは、生クリーム、アイス、グラノーラ、そこにエスプレッソがはじめからかかっていて、出された時に湯気が出ている時があります。アイスなのに湯気が出ているという不条理な光景になんだか、特別感、イベント感、そういったことが感じられワクワク!

 

また、今なら期間限定でコーヒーゼリーアフォガードが480円で販売されています。

 

f:id:doutorer:20170709205552j:plain

 

ビターなアフォガードと甘いバニラのアイスの相性は抜群です。また、コーヒーゼリーは噛んだらすぐ切れてしまう程口溶けがよく、食べ合わせもグッド!

 

最後の方になるとアイスが溶け切り、生クリーム・コーヒーゼリー・エスプレッソが混ざりあった液体になり、様々な種類の苦味と甘味が口の中を飛び交います。

 

共に量がそんなに多くないので、もう少し甘いもの食べたいな。と思った方にはおすすめです。

 

【関連】【期間限定】タリーズ「コーヒーゼリーアフォガード」の豆知識と感想!学んで美味しく楽しもう!

 

エクセルシオールカフェ~クレミアを贅沢に使った上品レベルマックスの味~

f:id:doutorer:20170731175211j:plain

 

こちらはエクセルシオールカフェバリスタ府中ル・シーニュ店で食べました。価格は580円

 

他に比べると少し値段は高めですが、食べたら「そりゃ高いわ~」と納得できる程の超贅沢アフォガードです。

 

濃厚なミルクをギュッと凝縮したようなコクありまくりでミルキーな味わいの「クレミア」のソフトクリームを大胆に使用。

 

そこに酸味の少し強めのエスプレッソと絡むことで、ただでさえ贅沢感のあるクレミアにさらに奥深さが加わり、貴族が食べても「これレベル高くね?」と言いそうな超高級感溢れる味になっています。

 

最後の方にソフトクリームと、エスプレッソが混ざった液体になるので、取っ手を持ってそのまま飲んでしまうという楽しみ方もできます。

 

今日はアフォガード食べて嫌なこと忘れたい!という人にはおすすめ!

 

 

いかがでしたでしょうか。自分好みのアフォガードを見つけて、ぜひともヘビロテしてみてください!

 

スポンサー