学んで楽しむコーヒーチェーン

学んで楽しむコーヒーチェーン

コーヒーチェーンのことを学んで楽しんでいただきたいです!

コメダ珈琲店|シロノワールの誕生秘話とこだわり

f:id:doutorer:20171005170420j:plain

 

今回はコメダ珈琲店の看板メニュー「シロノワール」の誕生秘話や、そのこだわりについてお伝えさせていただきます。

 

スポンサー

 

シロノワールとは?<値段・カロリー>

f:id:doutorer:20171005150212j:plain

 

シロノワールとは、コメダ珈琲店の不動の人気メニューです。

ふんわりとした熱々のデニッシュの上にひんやりとしたソフトクリームが乗っています。そしてチェリーがちょこんと添えられています。お好みでシロップをかけることもできます。

また、通常より控えめなサイズである「ミニシロノワール」も販売されています。

 

商品名 料金 カロリー カロリー/シロップ使用
シロノワール 600円 817kcal 899kcal
ミニシロノワール 400円 344kcal 385kcal

※一部店舗では値段が違います。

 

シロノワール誕生秘話

シロノワールはコメダ珈琲店より1977年より発売されました。ちなみにコメダがオープンしたのは1968年。

 

コメダの創業者である加藤太郎さんは、他店との差別化をはかるために、当時世間に知られつつあったデニッシュパンを使用しました。

発売以来、その作り方は変わっていないそうです。

 

ちなみに、デニッシュパンが丸い形をしている理由は「形が四角なのはありきたりだから」ということのようです。

創業者の加藤太郎さんは「ありきたり」を避ける傾向にあります。クリームソーダのグラスに長靴型のものが使用されているのもそういった理由からです。

コメダ珈琲店「クリームソーダ」長靴型のグラスについて!感想と豆知識!

 

今でこそシロノワールはコメダの看板メニューですが、発売当初は毎日売れ残ってしまい泣く泣く捨てていたと言います。徐々に人気を獲得していき、今のような大ヒット商品になったようです。

 

名前の由来

シロノワールのノワールはフランス語で「黒い」を意味します。

黒っぽいデニッシュパンの上に白いソフトクリームが乗っていることから「シロノワール」という名前がついたそうです。

 

また、温かいデニッシュと冷たいソフトクリームという、温かいと冷たいという相対するものと、「白と黒」という相対するもの。

相反するものをひとつにするという構造から、シロノワールという名前が決まったといいう、もうひとつの由来があります。

 

シロノワールのこだわり

f:id:doutorer:20171005150048j:plain

 

コメダのシロノワールは、ソフトクリームがパンの温度で溶けるように絶妙なバランスを計算されおり、時間が経過するごとにデニッシュパンの層にちょうどいい感じで染み込んでいきます。

 

コメダのソフトクリームはあっさりとした味わいです。そのため、デニッシュパンのコクを強くすることで、味のバランスが絶妙に調整されているようです。

通常のデニッシュパンは24層や36層らしいのですが、シロノワールのデニッシュは64層きめの細かいデニッシュがソフトクリームやシロップを吸収しているところを想像すると、明日の予定に「シロノワールを食べる」というイベントを組み込みたくなります。

シロノワールに思うこと

f:id:doutorer:20171005170607j:plain

ならではの楽しみ方

シロノワールを注文するのは7~8割が女性だそうです。

結構ボリュームがあるのでシェアをして食べる人も中にはいるのではないでしょうか。

 

セルフサービス(自分で商品をテーブルまで運ぶスタイル)のカフェでは、大きなフードをシェアする機会は、なかなかないでしょう。

また、このような大きいデザートも、なかなか他の喫茶店やカフェではお目にかかれないのではないでしょうか。

 

シロノワールをシェアしてワイワイとはしゃぐという楽しみ方は、まさにコメダ珈琲店だからこそできる楽しみ方だと思います。

 

シロノワールが予定を決める

僕はシロノワールを注文する時は、店に入る前から「今日はシロノワールを食べよう」と決めています。

 

ボリュームがあるため、「今日の晩御飯は少なめにしようかな」などと考えたり「お腹いっぱいになって眠くなりそうだから、映画を見終わってからシロノワールを食べに行こう」とか、シロノワールを食べる日は、シロノワールを中心にスケジュールが動いているような気がします。

 

1日の予定の主役になってしまう程のパワーを持つシロノワール。

1日の主役にしてもいいという程の魅力を持つシロノワール。

 

皆さんも、シロノワールを中心に予定を立ててみてはいかがでしょうか。

 

www.ftcompany.site

スポンサー