学んで楽しむコーヒーチェーン

学んで楽しむコーヒーチェーン

コーヒーチェーンのことを学んで楽しんでいただきたいです!

コーヒーチェーン灰皿写真館

f:id:doutorer:20170928095504j:plain

 

今回はコーヒーチェーンの灰皿の紹介です。

どのコーヒーチェーンに入るか迷った時に、灰皿を基準に選ぶという方もいるようです。灰皿の写真を参考に行きたいコーヒーチェーンを探してみてはいかがでしょうか。

スポンサー

 

ドトール

f:id:doutorer:20170930092607j:plain

 

灰皿のついているくぼみは「タバコ休め」というようです。

ドトールの灰皿はタバコ休めが3ヶ所。持ってみると軽いです。

色は焦げ茶で、裏を見てみるDOUTORと書いてあります。ドトールオリジナルの灰皿なのですね。ちなみに生産地はタイ。

 

コメダ珈琲店

f:id:doutorer:20170928095504j:plain

 

タバコ休めは3ヶ所。重みのある黒光りしている灰皿です。

真ん中がボコッと浮き上がってるのが特徴。

高級感ある灰皿です。

 

タリーズ

f:id:doutorer:20170928143912j:plain

 

タバコ休めは2ヶ所。

持ってみると少し重みがあります。色は黒。

ちなみに、タリーズは一部のファンから「タバコが吸えるシアトル系コーヒー」として認識されているようです。

 

ルノアール

f:id:doutorer:20170930132714j:plain

 

白くて細長い灰皿。ルノアールらしく大人っぽい上品な灰皿です。

灰がたまると店員さんが交換しに来てくれます。

 

プロント

f:id:doutorer:20170930170619j:plain

 

タバコ休めは3ヶ所。重さはやや軽い。

色は白いです。

友人は「タバコ休めが3ヶ所ありパソコン作業する時も両手を使えるようになるから、ここの灰皿が好きだ」と言っていました。

 

まとめ

 

コーヒーチェーンの灰皿の写真はいかがでしたでしょうか。

普段は意識しない灰皿ですが、なぜか並べてみると、「チェーン店によって意外と違うんだなー。へー」と感心させられました。

コーヒーチェーンのちょっとした違いも知っていくと楽しいと思いました。

 

www.ftcompany.site

 

スポンサー