読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1500回のカフェ男子

楽しくカフェの事をお伝えします!

スポンサー

五日市街道沿い国分寺市、名古屋発祥カフェ

国分寺 コメダ

f:id:jyutakugyoseiku:20170123143641p:plain

 

 

東京都多摩地域を走る。高円寺付近から伸び、その先は東京の西側までずっと伸びている。そんな五日市街道沿いにある「コメダ珈琲 国分寺店」。

 

 

今日はここに福永君とやってきた。

 

 

ここは僕がよく行く名古屋発祥の喫茶店チェーンだ。名古屋ではモーニングがコーヒーについてくる(1杯420円税込み)のは普通らしく、このコメダ珈琲も朝11時までに入店すればトーストとゆで玉子(ゆで玉子は玉子ペースト又は名古屋名物おぐらあんに変更可)が無料でついてくる。

 

また朝の11時以降もコメダ珈琲ではドリンクにはサービスで豆菓子がついてくるために僕はお金が無い時はこの豆菓子をお昼ご飯代わりにして飢えをしのいでいたことがある。

 

 

行ったことが無い方は知らないと思うが、コメダの食べ物はボリュームがとにかく満点である。サンドイッチなどのパン系の軽食が700円とチェーン系カフェにしては少々高めであるがそのボリュームを見れば納得の値段で、小食の方は食べきれない事もあると聞く。

 

 

コメダ珈琲国分寺店は都内駅前にあるコメダ珈琲と違い敷地が広い為店内もゆったりとしている。

 

土日は10時ごろから混み始め下手をすると待つこともある人気店だが、そこまで混まない時間帯であれば静かでおしゃべりもしやすく、本を読むのも捗るのでいい。

 

僕はここのコメダの喫煙席が特にお気に入りでコンセントもあり、よくここでブログを書いたりしている。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170123143714p:plain

 

 

 

そんなコメダ珈琲国分寺店に来て、福永君に感想を聞いてみた。

 

 

 

僕「ここ、どう?」

福永「りょうてつ君が頼んだホットドックが小さいな、と思ったね」

僕「そこ!?」

 

福永「いや、コメダの食べ物はでかいイメージがあったからさ」

僕「だからってそこが第一に出てくるのはおかしいだろ」

 

福永「でも店内はしゃべりやすくて静かでいいね」

僕「そうね。この時間は比較的空いてていいね」

 

福永「これはファーム越えしてるな」※

僕「わざわざファーム出すなや。ファームにはファームの良さがある」

※ファーム情報はこちら⇒国分寺北口徒歩3分、おしゃべりができるカフェ

 スポンサー

   

 

福永「コメダには思い出がある」

僕「あ、そうなの?」

 

福永「会社員時代に女性社員からコメダの味噌カツサンドを勧められてさ」

僕「ほう」
 
福永「仲良くなりたくて週末速攻で食べに行ったのよ」
僕「けなげかよ。そんな事しなくても仲良くなれるだろ」
 
福永「いや、深い愛情を抱いて欲しいじゃん。それに実際味噌カツサンドも気になってたし」

僕「そうか。で、うまかったの?」

 

福永「デカかった」

僕「またサイズかよ!会話になってねーわ」
 
福永「いや、もちろんうまいよ!けど、コメダでサイズの話しは避けては通れないよ」
僕「どんな認識だよ」
 
福永「味噌カツサンドはでかくて重い。食べてる時腕が疲れて翌日筋肉痛になるかと思うレベルだった」
僕「それはさすがに嘘だろ」
 
福永「マジマジ!僕、この手の嘘はつかない人間だから」
僕「なんだそれ。というか食べ物のでかさの話しばっかりだったな」
 
福永「それがコメダの魅力ってことだよ」
僕「そうだな」

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな五日市街道沿いにあるコメダ珈琲国分寺店。通りがかった際は是非立ち寄ってみてください。

 

スーパースターズ公式サイト

なぜ、コメダ珈琲店はいつも行列なのか? ―「お客が長居する」のに儲かるコメダのひみつ

なぜ、コメダ珈琲店はいつも行列なのか? ―「お客が長居する」のに儲かるコメダのひみつ

 

 

関連記事(兄弟ブログ)

コメダコーヒーチケットはクレジットカードで買えない - <キャッシュレス生活 メリットデメリット!>