学んで楽しむコーヒーチェーン

学んで楽しむコーヒーチェーン

コーヒーチェーンのことを学んで楽しんでいただきたいです!

ドトール「アップルパイ」を学んで美味しく楽しもう!タリーズとの比較も!

f:id:doutorer:20170822163936j:plain

 

今回はドトールの「アップルパイ」を紹介させていただきます。学んで美味しく楽しみましょう!

 

スポンサー

 

<基本情報>値段とカロリー

 

商品名:アップルパイ

料金 カロリー
160円 331kcal

 

温めてもらうことができる!

 

ドトールのアップルパイは袋に入った状態で、レジの前などに陳列されています。そのまま食べても美味しいのですが購入時に店員さんに「温めてください」と言うと、温めてもらえます。こちらの方が、よりドトールのアップルパイの魅力をより楽しめると思います!

 

 

380円の大満足ランチ!アップルパイの活用法!

金銭的にピンチな時にドトールのアップルパイは重宝します。僕も会社員時代にランチを安く済ませたい時などは、アップルパイ160円とブレンドコーヒー220円の組み合わせをよく注文しました。これで380円でランチを楽しむことができるのです。ワンコインでもお釣りが大分来ます。

 

また、量もそこまで多くないので、食べすぎて午後眠くなりにくいという長所もあります。

 

どんな味がするのか?

f:id:doutorer:20170822164244j:plain

 

温めてもらったアップルパイを食べてみると、いい意味で油を感じるアップルパイだと感じました。

 

それはしつこい味とかそういう訳ではなく、ややアップルパイから滲み出る油と、パイ生地の歯ごたえのある触感、そして香ばしさの相性がとてもよいのです!菓子パンかと侮るなかれ、結構な食べごたえがあります。

 

少ししなっとしていてサクサクと歯ごたえのあるリンゴを噛みしめると、リンゴの甘みがはじけるように口の中に広がります。リンゴの下に敷いてあるあったかいカスタードクリームが、リンゴの美味しい酸味を上手く引き出してくれています。

 

パイ、りんご、カスタード、この3つの要素が上手く絡んでいて、たまに食べたいと思わせてくれます。日頃のドトールで食べるフードのルーティーンに自然と入り込んできます。

 

 

タリーズのアップルパイとの比較

f:id:doutorer:20170822133639j:plain

 

ドトールのアップルパイは、わかりやすくて親しみやすい味でしたが、タリーズはパイが厚手でシナモンやラムレーズンなどでリンゴの甘みが引き立てられていて、もう少し上品なアップルパイという感じでした。

 

ドトールのアップルパイは生活になじみやすい味で、タリーズのアップルパイは「今日あれ食べたなー」と印象に残りやすい味というように感じました。

 

タリーズの「アップルパイ」詳しくはこちら⇒タリーズ「アップルパイ」を学んで美味しく楽しもう!ドトールとの比較も! 

 

ドトールのアップルパイは160円ととても試しやすい価格となってますので、お金を節約したい時などに、ランチにぜひともいかがでしょうか。

 

www.ftcompany.site

スポンサー