1500回のカフェ男子

楽しくカフェの事をお伝えします!

スポンサー
MENU

国分寺「ブルーシールカフェ」 ~沖縄田芋とバカ舌~

f:id:jyutakugyoseiku:20170305170527j:plain


スポンサー    

 

国分寺駅南口から徒歩5分の場所にあるカフェ「ブルーシールカフェ」

 

今日は福永くんとここに来た。

 

 

この店舗は「Nets」というトヨタ自動車の販売店と併設がされているカフェだ。販売店に来た方がふらっと立ち寄ったりするのが主目的のカフェだと思うが別に関係の無い人が利用しても良い。

 

自動車の販売店と併設されている為に店内はキッズスペースがあり家族連れのお客さんも気兼ねなく時間を潰せるようになっている。

 

店内は広々としていてソファ席のソファは大きくのんびりとした時間を過ごす事ができる。

 

 

ブルーシールカフェは沖縄発祥のアイスクリーム専門店である。

 

そのアイスクリーム専門店から派生してカフェになったのが「ブルーシールカフェ」である。

 

 

僕はお店に来る前にグミを食べてしまっていて口の中が甘くなってしまっていたのでアイスコーヒー(150円)のみを頼んだ。

 

福永くんは「沖縄田芋」のソフトクリームを頼んだ。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170305170755p:plain

 

沖縄田芋というあまり馴染みのない味を頼んでいたので気になって味の感想を聞いた。

 

僕「それ、どんな味なの?」

 

福永「・・・」

 

僕「いや別に良いコメント求めてないからスッと言っていいよ。普通で。味はどうなの?」

 

 

福永「・・・分かんない」

 

僕「せめて普通のコメントくれよ」

 

何も味のイメージがつかなかったので僕も食べた。

 

 

味は分からなかった。

 

 

というのも風味が無く、調べたら「沖縄田芋」という芋と「クリームチーズ」がミックスされた味だという。

 

しかし、そのどちらの味もしない。一度誰か食べて、僕らの舌が悪いのか本当に味がしないのか教えてほしい。そういう事で福永くんとは決着した。

 

 
スポンサー
 

 

休日ということもあり店内は家族連れが数組いた。

 

僕らは広々とした店内でリラックスタイムを過ごした。車のパンフレットがテーブルには置いてあり「車ほしいな~」なんて不毛な会話を福永くんとして過ごした。

 

これぞ休日である。

 

僕らは仕事と言えばブログなので基本的に休みが無い。なので会社員の方のように休日というものが定められていない。

 

それは一見良いように思えるが逆に「休日」が無く毎日平日なので自分で休みを設定しなければいけないので大変だ。

 

「今日は休日にしよう」と決めたら決めたで「僕はブログという遊びみたいな事をしているのに休日を作るとは何事だ」という「神からの声」(内なる声)が聞こえてきてしまって充実した休みを過ごせなくなってしまう、という事がよくある。

 

自分でブログを始めたのにそのブログに悩まされるという哲学人のような毎日を送るのがブロガーなのである。(と、思っている)

 

そんなブルーシールカフェ「国分寺店」の印象を福永くんに聞いてみた。

 

 

 

福永「この店は全面窓ガラス張りだから、外にいる人からすごい見られそうで行くのを躊躇してた」
僕「確かに最初は入りづらいところあるよね。なんか見られてそうで」
 
福永「僕は普通にしてても視線集めるから」
僕「そんな視線集めるなんてことある?」
 
福永「うん。電車のホームとかでぶつぶつ言いながらうろうろしてると、色んな人がすごい見てくる」
僕「それは誰しも見るわ」
 
福永「たまに僕カリスマ性の弊害が出ちゃうんだよね」
僕「カリスマ性で視線集めてる訳じゃないから」
 
福永「でも、店に入ってしまうとそんなに視線気にならないね」
僕「確かに」
 
福永「むしろ外の景色を観察しながらアイスを食べる楽しさもある」
僕「そういう楽しみ方もできるよな」
 
福永「あとアイスコーヒーが150円って相当安いよね」
僕「そうだね」
 
福永「150円でアイスコーヒー飲めるんだったら、ついつい釣られて足を運ぶな」
僕「相当安いもんね」
 
福永「電車乗り継いでも行きたくなる」
僕「逆に金かかるだろ」

 

 

 

 

 そんな国分寺にあるカフェ「ブルーシールカフェ」、150円コーヒーでも沖縄田芋でも気になった方は是非一度足を運んでみてください。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170305125902p:plain