学んで楽しむコーヒーチェーン

学んで楽しむコーヒーチェーン

コーヒーチェーンのことを学んで楽しんでいただきたいです!

コメダ珈琲国分寺店 ~二度目の来店~

f:id:jyutakugyoseiku:20170213124223p:plain

 

 

「コメダ珈琲 国分寺店」。福永くんと来たのは2回目だ。

一回目のコメダ珈琲国分寺店はこちら⇒五日市街道沿い国分寺市、名古屋発祥カフェ

 

ここのコメダ珈琲は僕の家に近い為、会議を福永くんとした後に煮詰まって来たら行く、というような用途でよく利用する。

 

実はここには毎朝必ずモーニングを僕は食べに来ているので福永くんと来た時点で同じ店舗に2回目の登場という事になった。

 

 

その時、対応してくれた女性の店員さんが朝僕が一人で言った時に対応してくれた店員さんと同じ人だったのでとても恥ずかしかった。毎日行っているので僕が会社員ではない事はバレている。

 

会社員ではない僕が会社員には到底見えない友達を連れてきたかっこうになってしまった。

 

会社員ではない僕が「ここにおいしい珈琲店があるんだ。紹介するよ。」と会社員ではない半分おじさんに片足を入れた福永くんにそう言って、連れてきたと思われたらどうしよう、と思った。

 

「いやいや!コメダ珈琲はチェーン店だから!会社員じゃないから浮世離れして情報が入らないのかもしれないけど!全国チェーンだから!自慢げに紹介するようなお店じゃないよ!」

と、店員さんに心の中で突っ込まれていたらどうしよう、と思った。

 

 

 
スポンサー
 

 

 

僕はブレンドコーヒー、福永くんはミルクティーを頼んだ。

 

コメダ珈琲はドリンクに豆菓子がついてくる。

 

福永くんはその豆菓子の袋を開けた。豆菓子を小皿の上に広げ、一粒一粒豆菓子をつまんで食べていった。

 

 

おばあさんみたいな食べ方だと思った。

 

 

けど何も言わずに僕は袋を開け全ての豆菓子(7粒くらい)を一気に口の中に入れた。

 

 

そんなコメダ珈琲国分寺店の2回目の印象を福永くんに聞いてみた。

 

 

 

福永「ここのコメダ珈琲は駅から離れてるから、毎回りょうてつくんに車で連れてきてもらえる」
僕「歩くと遠いからね」
 
福永「車でくるとコメダの雰囲気と相まって、旅行で目的地に向かう途中に寄る喫茶店って感じがする」
僕「まあ確かにね」
 
福永「旅行気分が味わえて楽しい」
僕「簡単でいいな」
 
福永「りょうてつくんにはもっと僕を車で知らない街のコメダへ連れ出して欲しい」
僕「普通に気持ち悪いこと言うなよ」
 
福永「不思議なこと言うね」
僕「お前だよ」 
 
 
 
福永「前回と違って今回はランチを食べた」
僕「美味しかったな」
 
福永「うん。後、基本的にカフェでは飲み物だけを注文することが多いから、たまにランチを食べて帰ると 店にすごく貢献している感じがして、すごく偉い人になったような気持ちになれる」
僕「さほどの貢献はできてねーよ」
 
福永「次回はVIP待遇で出迎えて欲しい」
僕「もうなんか連れてきたくないわ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメダ珈琲国分寺店。僕はこの日、夕方にお店に3度目の登場を果たした。その時も同じ女性の店員さんがいた。

 

恥ずかしかった。

 

一日に同じ女性に3回もブレンドコーヒーを運んできてもらうのは初めてだった。

 

でも、相手も「どんだけ長い時間働いてるんだよ!」と僕に心の中で突っ込まれるリスクがあることを考えたら、この勝負はドローだと思った。

 

 

兄弟ブログ

コメダコーヒーチケットはクレジットカードで買えない

 

コメダ珈琲店 国分寺店
ジャンル:カフェ
アクセス:西武国分寺線鷹の台駅 徒歩13分
住所:〒185-0005 東京都国分寺市並木町1-19-3(地図
周辺のお店のネット予約:
磯丸水産 花小金井北口店のコース一覧
今日の詩のコース一覧
北の味紀行と地酒 北海道 国分寺南口駅前店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 国分寺×カフェ
情報掲載日:2017年2月8日
チェーン店情報:コメダ珈琲店