読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1500回のカフェ男子

楽しくカフェの事をお伝えします!

スポンサー
MENU

ドトール「府中本町店」 ~駐輪場のおじさんとガラス張り~

f:id:doutorer:20170228173143j:plain


スポンサー    

 

ドトールコーヒー府中本町店に僕(福永)はやってきた。

 
 
周辺にチェーンのカフェは少なく、府中本町駅の構内にベックスコーヒーがあるくらいで、僕が地元の人だったらヘビーローテーション確実のドトールである。
 
 
自転車で来たのだが、停めるスポットがないのドトールの目の前のパチンコ屋さんの駐輪場を管理してるおじさんに
 
「ドトールに行きたいのですが、自転車停めれる場所ありますか?」
 
と聞いたところ
 
「ドトールに行くんだったら、ドトールの前に止めていいと思いますよ。そういうんもんじゃないですか」
 
とどこか駐輪に対する哲学すら感じるアドバイスをもらい、ドトールの前に自転車を停めさせてもらう。
 
 
一応、府中本町店の店員さんに
「店の前に自転車停めたんですが大丈夫ですか?」
と確認したら
「あのおじさんがいいって言ったら大丈夫ですよ」
と言われた。
 
どうやらさっきのおじさんはここら一帯の駐輪の主だったようである。
 
 
僕がよく行く武蔵小金井のドトールには自転車を停める場所がない。
 
近くにあるイトーヨカドーの2時間までは無料の駐輪場を利用するのだけど、その場合タイムリミットに怯えながらのコーヒーブレイクとなってしまう。
 
だから今回は許可を得て停められたので心置きなくコーヒーを楽しむことができるのが嬉しい。
 
ドトール府中本町店の客席数は46と小さめ。古いタイプのドトールで透明の筒の中にコーヒーの実が飾られている。
 

f:id:doutorer:20170228173223j:plain

 
スポンサー
 
 
 
店内はまぁまぁ混み合っていて、ほとんどが1人で来ているお客さんで携帯をいじったりしている人や寝てる人がいる。
 
来訪したのが平日の15時だったのだけど、近くには東京競馬場があるのでレースがある土日には全く違う様相を呈するのではないだろうか。
 
 
僕はブレンドコーヒー220円を注文し角の席に座った。僕の背中の後ろはガラス張りになっていて外からも見えるようになっている。
 
僕が神経過敏になってる時は、後ろに人が立って見てるんじゃないかという不安がよぎり、すぐに席をかえるところだが落ち着いて今はブログの記事を書いたりしている。
 
今日の僕は調子がいいのかもしれない。
 
そんな僕の調子はさておき…。
 
ここは府中本町市民の強い味方のドトールであると僕は感じた。
 
府中本町のカフェ好きの方はぜひともこのドトールを愛でていただきたい。