1500回のカフェ男子

楽しくカフェの事をお伝えします!

スポンサー
MENU

ドトール「立川南口駅前店」 ~親しき中にも礼儀あり~

f:id:doutorer:20170306001419j:plain
 
スポンサー  
 
ドトール立川南口駅前店にDJの友人とやってきた。
 
 
以前、ここには小中の同級生の結婚式の2次会に行く前に来たことがある。
 
その時はなぜか小中の同級生ではなく、結婚式のバスで仲良くなった人と来た。
 
 
初対面の人と打ち解けられて、まるで自分が物凄くコミュニケーション能力が高い人間に成長したかのように感じて嬉しさのあまり、
自分が温めていた面白いと解釈している話しを怒涛の如くした記憶がある。
 
 
 
店内は混雑していたため、僕が注文している間にDJの友人には席を確保してもらう。
 
 
僕の分の「大人のチョコレートケーキ」とDJの友人の分のアイスコーヒーを注文し(計580円)DJの友人が確保した入り口の自動ドア近くにある席を確保する。
 
自動ドアが開く度に風が入ってきて、少し肌寒さを感じる席だ。
 
 f:id:doutorer:20170306001509j:plain
 
 
DJの友人はスマホで明日行く横浜のデートの場所を調べてる。
 
金欠気味らしく無料で行けるデートの場所を探している。
 
「めっちゃコスト抑えようとするじゃん」と言ったら
 
「デートはどこへ行くかじゃなくて誰と行くかだと思うんだよね」
 
とただ安く済ませたいだけなのに、名言風の発言をすることでお茶を濁していた。
 

f:id:doutorer:20170306001532j:plain

 
スポンサー
 
 
 
大人のチョコレートケーキを食べる。思ったよりクリームが少なく感じシフォン感強め。
 
下層にはシリアルチョコと言われる、サクサクした小さくて丸っこいチョコが散りばめられてる。美味しかった。
 
 
DJの友人がアイスコーヒーを飲むと
 
「ここのドトールのアイスコーヒーは味が全然違う。美味しい」
 
という感想を述べる。
 
店舗によって全然違うっていう程変わるかなーと少し疑問に思った。
 
よくよく見ると友人はいつもはストローで飲んでいるのに今日は直接グラスに口をつけて飲んでいる。
 
試しにストローで飲むことを提案してみて、友人がストローで飲んでみると
 
「他の店舗と全く同じ味だ」と言った。
 
どうやらストローで飲むのと直接飲むのでは味が大分変わるみたいだ。
 
DJの友人いわく、直接飲む方が香りを強く感じることができるため美味しく感じたと言っていた。
 
今度試してみたいと思った。
 
 
 
この店では僕とDJとの友人との間に小さなトラブルが起きた。
 
 
 
DJの友人は、僕がコーヒー代を出したことをすっかり忘れていたのだ。
 
 
別にお金が惜しい訳じゃないが気づいてもらえないのは悲しい。
 
感謝はされたい。
 
 
かといって自分から「アイスコーヒー代払ったんだけど」と器の小さい人間のようだし。
 
遠回しに「そういえば意外なことに、ここのアイスコーヒーって220円らしいよ」と言って気づかせるのもなんだか違う気がする…。
 
 
葛藤したあげくドトールを出て、地元へ帰る電車の中で
 
「いや、こんなこと自分で言うことじゃないかもしれないんだけど、あの時コーヒー代払ったのって気づいてたりするー?(笑)」
 
と恥を偲んで、ギャグで言ってますけど的な雰囲気を出しながら伝えたところ
 
「ごめん!心の中で感謝してたわ!言葉に出してたと思った」
 
と思いもよらない角度の謝罪。
 
 
2人のわだかまりが溶けた。よかった。
 
 
~りょうてつより~
 
福永くんとDJ。仲がいい中にも距離を感じます。
これこそ「親しき仲にも礼儀あり」を見ているのだと思います。
 
こちらが支払いをしたのに相手が気づいているかどうか分からない時、ありますよね。
 
そんな時に「どういう風に言ったら気づいてもらえるか」これは僕もよく考えます。
 
福永くんの言うように別にお金が欲しい訳ではないんです。
 
 
感謝が欲しいだけなんです。
 
でも感謝のみをもらってお金はいらない、という事を伝える方法はとても難しいです。
 
僕はいつも相手と話している時にこっちが何かミスをしてしまってそれを指摘された瞬間に
「でもここのお代俺が払ってるし~」
とギャグのように言う手法を取っています。
 
そうすると「マジで!?」となり、「でも別にいいよ本当、ここは俺が出すよ」と言います。
感謝だけをもらうと同時にさっきのミスを帳消しにする、という一石二鳥型です。
 
親しき中にも礼儀あり。
 
難しい問題です。