Enjoy Cafe!

Enjoy Cafe!

コーヒーチェーンを中心にカフェの魅力を伝えていくサイトです。

カフェ・ベローチェとは<由来・歴史・外装が赤い理由など>

f:id:doutorer:20180327164702j:plain

 

今回は「カフェ・ベローチェとは何か?」ということについてお話させていただきます。名前の由来から外装が赤い理由まで、知ればきっとベローチェを訪問するのがさらに楽しくなることでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ベローチェとは(誕生した日はいつ?)

カフェ・ベローチェは、株式会社シャノアールが運営するセルフサービスのコーヒーチェーンです。1986年代々木に1号店が誕生しました。時代に先駆けてエスプレッソの提供も行われておりました。現在では全国に170店舗以上展開しております。

 

コーヒー1杯200円というリーズナブルさが特徴。カジュアルな雰囲気の店内で、空き時間に気兼ねなく立ち寄りやすいところが魅力。1個入り110円で食べることができるピーナッツバターのサンドイッチが個人的にはおすすめです。

 

「ベローチェ」社名の由来

「ベローチェ」はイタリア語で「迅速」を意味します。お客さんが店に滞在する時間が平均32分というデータもあるベローチェなので、この「迅速」というのはしっくり来る由来だと思います。

 

なぜ外装が赤いのか?

ベローチェと言えば、少し紫がかった赤い色のブランドカラーが印象的です。

この色に至った経緯は、約30年前に、町田・日本橋・阿佐ヶ谷で異なる色使いのデザインの店舗をオープンし、最も好評だった日本橋店の色を基本カラーとして採用したという経緯があるようです。

 

この赤い色はコーヒーチェーンの中では珍しい色使いです。カジュアルな雰囲気を感じさせ、ベローチェの用途ととても合っている色だと思います。

 

店の雰囲気について

f:id:doutorer:20180404100407j:plain

 

ベローチェの良いところは利用する際にプレッシャーを感じないところです。店に一歩入る時の緊張感はゼロに等しく、多少服が汚れていたとしても気にせず利用することができます。

 

ベローチェは駅前よりも、駅から少し離れたところに多くある印象です。雑多な駅周辺から離れていることにより、オアシス感を強く感じ、入店すると当時にふっと落ち着くことができます。

駅から離れているため意外と空いている店舗もあったりして、落ち着きたい時に利用しやすいベローチェが数多くあります。五反田のベローチェはおすすめ。

 

メニュー<コーヒー等について>

f:id:doutorer:20180205102549j:plain

 

メニューの種類は少なめですが全体的に、リーズナブルで気兼ねなく注文しやすいです。

 

サンドイッチには強いこだわりを持っているようで、常にお客様に新鮮なものを提供するために全て店内で手作りしています。1個入り110円で食べることができるピーナッツバターのサンドイッチは使い勝手がよく特におすすめです。

 

コーヒーは様々なグレードや産地から、毎日飲んでも飽きないようなブレンドの配合を意識して作っているようです。店舗ごとの水質や水圧の違いに注意を向け、日々店舗を巡回して味の調整を行ったり品質管理も行っております。

 

詳しくは⇒カフェ・ベローチェのおすすめメニュー!年間1000回カフェに通う男が厳選!

 

ベローチェは使い勝手がよく、利用する場面が多いと思います。まだ、行ったことのない方はぜひ一度訪問してみてください。 

 

【関連】

日本のコーヒーチェーン各社の特徴まとめ|マニアの解説で概要が丸わかり!?

 

スポンサーリンク