Enjoy Cafe!

Enjoy Cafe!

コーヒーチェーンを中心にカフェの魅力を伝えていくサイトです。

コーヒーカップについて|カップによって味が変わる!?・カフェの工夫

f:id:doutorer:20180308102203j:plain

 

今回はコーヒーカップについてお話しさせていただきます。

コーヒーカップは、知れば知る程奥深いです。カフェのカップへのこだわりや、飲むカップの種類によって変わるコーヒーの味などを知ることで、より楽しいカフェライフを過ごせるのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

 

コーヒーカップによってコーヒーの味が変わる!

どんなコーヒーカップを使用するかによって、コーヒーの味の感じ方が変わります。

 

人間の味覚というのは、舌の先の方で甘みを感じ、側面では酸味、舌の奥の方では苦みを感じるようになっております。そのため、飲み口が広いカップを使用した場合は、舌の側面にもコーヒーが触れるため、より酸味を感じやすくなるのです。

 

同じコーヒーなのだから、そんなに変わらないと思う方は、アイスコーヒーをストローで飲む場合と直接カップのフチにつけて飲む場合で比べてみるとよいと思います。明確に両者の味の感じ方が違うのがわかるはずです。

 

詳しくは⇒カフェドクリエ「アイスカフェ」~ストロー飲みと直飲みの違い~ 

 

カップの種類!カフェの工夫!

コーヒーカップには様々な種類があって、目的に応じて使い分けられています。

下記では、コーヒーカップの種類別に特徴をお伝えさせていただきます。また、カフェの取り組みなども合わせてお話させていただきます。

 

マグカップ

f:id:doutorer:20180116161218j:plain

 

マグカップは、取っ手がついた筒型のカップです。サイズが大きく200CC~250CC入るのが一般的。タリーズコーヒーやエクセルシオールカフェで使用されています。

 

たくさん飲めるのが特徴。筒型でまっすぐな形をしているため、マグカップで飲むとコーヒーが喉の奥の方まで向かうため、苦みを感じやすくなるようです。

 

コーヒーカップ

f:id:doutorer:20180308102240j:plain

 

コーヒーカップは、120CC~140CCほど入ります。ドトールコーヒー、上島珈琲店、カフェドクリエなど様々なカフェで使用されています。

 

ドトールコーヒーのカップには、お客さんの利便性を考えたこだわりがあります。

 

カップの飲み口は、液だれが起きにくいような曲線に設計され、また、取っ手を持った際に、熱いカップに指が触れないように計算されて作られているようです。

ちなみに、ドトールのコーヒーカップは持ち上げた際に、スプーンがソーサー(皿)から滑って、カップの下に入り込まないような工夫を凝らして作られています。

 

アイス用のカップについて

f:id:doutorer:20170926160645j:plain

 

アイス用のカップは、プラスチックのカップに入っているのが一般的です。

 

上島珈琲店でアイスコーヒーなどを注文した場合は、「銅マグ」と呼ばれる銅製のマグカップに入って提供されます。

夏に、このキンキンに冷えている銅マグに入った、上島珈琲店の名物「黒糖ミルク珈琲」で喉を潤すと、とても幸せな気持ちになります。 一度これを経験すると上島珈琲店の話題になると「銅マグいいよね!」と声をワントーン上げて話すようになることでしょう。

 

【関連】上島珈琲店「黒糖ミルク珈琲」のこだわり!アルコールバージョンもある? 

 

スポンサーリンク

 

厚手のカップ~コメダ珈琲店の場合~

f:id:doutorer:20170918203615j:plain

 

厚手のカップは冷めにくいのが特徴です。コメダ珈琲店や星乃珈琲店のコーヒーなどに使用されています。

 

コメダ珈琲店や星乃珈琲店では、落ち着いた雰囲気の空間で、長時間滞在するお客さんが多いのが特徴のカフェです。だからこそ、コーヒーが冷めてしまわないように、厚手のカップが採用されているのだと思います。

 

ちなみに、コメダ珈琲店のブレンドコーヒーに使用されているカップは、厚みがある有田焼のカップ。カップは、85℃のお湯の中で温められているため、ベストな温度でコーヒーを提供することが可能になっております。

 

【関連】コメダ珈琲店|ブレンドコーヒーのこだわりと楽しみ方

 

テイクアウト用のカップ

f:id:doutorer:20171212124426j:plain

 

カフェでテイクアウトすると、紙カップで提供されるのが一般的です。

 

スターバックスの紙カップには小さい飲み口がついています。この小さい穴は、ミルクやクリームが程よく混ざり合う用に計算されています。ミルクを使用したドリンクであるスターバックスラテなどを飲む際には重宝します。

 

また、スターバックスの場合は、店内で飲む際も、マグカップと紙カップのどちらかを選ぶことができます。両者の違いについては、こちらでお話させていただきます。⇒スタバの「マグカップと紙カップどちらになさいますか?」の判断基準について

 

また、ドトールコーヒーで使用されているテイクアウト用の紙カップは、凸凹した形をしています。これはカップを持った時に熱くならないように工夫がされているからなです。

 

詳しく⇒ドトールのテイクアウト用のカップについて~セブンイレブンも影響を受けた!?~

 

普段何気なくカフェで使用しているカップも、実は様々な意図や工夫が込められているのです。そういったところに目を向けていくと、より楽しいカフェライフが過ごせるかもしれません。

 

【カップ関連記事】

コーヒーカップの取っ手やスプーンはどっちに向けて置くのが正しい?

 

【カフェ関連記事】

カフェのメニュー大全!人気コーヒーチェーン特集!

 

スポンサーリンク