学んで楽しむコーヒーチェーン

学んで楽しむコーヒーチェーン

コーヒーチェーンのことを学んで楽しんでいただきたいです!

ドトールコーヒーのランチ|おすすめメニュー・400円以下で楽しむ方法・魅力について!

f:id:doutorer:20180117135758j:plain

 

ドトールにはランチセットというものはありませんが、それでもドトールのランチはとてもおすすめなのです。

今回は、ドトールのおすすめランチメニューや、ドトールランチの魅力などをお伝えさせていただければと思っております。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ランチメニューはないけどランチがおすすめの理由

ドトールにはランチだけの特別メニューは存在しません。しかし、ランチでドトールの活用はおすすめなのです。

ドトールのランチの魅力は様々ありますが、まず挙げられるのがコストパフォーマンスの良さです。400円以下でランチを楽しむことができ、なおかつ味にも充分満足できるのです。

 

400円でモーニング楽しめる!パンが実はおすすめ!

f:id:doutorer:20180117135832j:plain

 

ドトールのパンは「パンオショコラ」「シナモンロール」「ブルーベリーデニッシュ」などが販売されていますが、これらのパン商品は150円~180円で食べることができます。コーヒー1杯220円と合わせて400円でランチをすることが可能になるのです。 ちなみに、ドトールバリューカードを活用すれば、400円以下で楽しむこともできます。

 

詳しくは⇒ドトールバリューカードを完全活用!エクセルシオールでも使える!

 

おすすめのパン「アップルパイ」

f:id:doutorer:20180117135758j:plain

商品名:アップルパイ

料金 カロリー
180円 371kcal

 

パンの中で特におすすめなのが「アップルパイ」です。

営業マンをしていた時の昼休憩で最も食べたのが、このドトールの「アップルパイ」でした。

1人でドトールに行き、音楽を聴きながらあたためてもらったアップルパイを食べると、自分の時間に自ずと埋没していくことができました。アップルパイの甘酸っぱさが、いい感じで疲れた脳に染みる感覚が心地よい。

 

また、お腹いっぱいになりすぎず午後の会議の時に眠くなることを防止してくれるのもよかったのです。当時はアップルパイは160円でブレンドと合わせても380円と、お財布に優しいメニューでした。

 

現在はリニューアルされて180円となっております。当時のものとは形状は変わりましたが、やはりドトールのアップルパイはおすすめです。店員さんに言えば温めてもらえます。

 

コーヒー(220円)とアップルパイ(180円)の400円ランチを、ぜひともお試しいただきたいです。

 

420円で楽しめるドトールの定番メニュー!

f:id:doutorer:20180117175747j:plain

写真:ジャーマンドック(単品 220円) 

 

ジャーマンドックも単品220円とお得な価格でおすすめです。食べればわかるのですが「これが220円なのか!?」と驚愕するそのクオリティ。

パンは外はさくっとして中はふわっとしています。ソーセージがぷつりと切れる感覚もよいです。基本的にマスタードしかついていませんが、店員さんに言えばケチャップをつけてもらうことができます。

 

ちなみにジャーマンドッグは、パンが時代に合わせてリニューアルするなどのこだわりがたくさんつまっているのです。知って食べるとより美味しく感じるかもしれません。

 

詳しくは⇒ドトールの「ジャーマンドック」のこだわりと愛がすごい!

 

スポンサーリンク

 

 

ドトールの定番「ミラノサンド」でランチを楽しむ!

f:id:doutorer:20180117175825j:plain

写真:ミラノサンドA 生ハム・ボンレスハム・ボローニャソーセージ(410円)

 

ミラノサンドはドトールを象徴するフードメニューです。歯切れがよく口溶けのよいパンと、あまりに美味しすぎるドトールのオリジナルのソースが非常に魅力的。ドトールランチの最も定番メニューと言えるのではないでしょうか。ミラノサンドは下記の3種類あります。

 

・ミラノサンドA 生ハム・ボンレスハム・ボローニャソーセージ(410円)

・ミラノサンドB ごろっとアボカドとぷりっとエビ(480円)

・ミラノサンドC ジンジャー照り焼きチキン ~国産鶏使用~(410円)

 

ミラノサンドを注文すると、ドリンクは全品50円引きになります。つまり、ミラノサンドAとコーヒーで580円です。ドトールのランチの中では少し高めですが、それでも他の店のランチに比べると高い方ではないと思います。

 

ちなみに、ミラノサンドは店員さんによって作成スピードにばらつきがあります。

ランチ時にサラリーマンの行列ができるようなドトールの店員さんともなると、ミラノサンドを作るスピードは尋常じゃなく早いです。その技術はもはや芸術の域に達しており、あまりにも提供スピードが早すぎて笑ってしまうことがあります。そこに注目してみるのもドトールランチを楽しみ方の1つだと言えるでしょう。

 

詳しくは⇒ドトールの「ミラノサンド」の魅力について!知ったらより美味しく食べられる!?

 

ドトールのランチタイムの魅力

ドトールのランチは、フードとコーヒーの組み合わせが安く美味しく楽しめるというのが魅力ではありますが、それだけではありません。

量が多すぎないため、午後眠くなりずらいのもよいところです。休憩明けにすぐに取引先の訪問があったり、会議があっても睡魔に襲われることがありません。

 

また、通常の定食屋などではランチ時は、食べたらすぐに店を出ていかないといけないところが多いと思いますが、ドトールの場合は食べた後もゆったりと過ごすことができます。(地域にもよりますが)

僕は会社の昼休憩の時に、ドトールで音楽を聞くのが好きでした。1人で来ているお客さんが多く、静かで、自分の時間に没頭できることも、ドトールランチのよいところだと思います。

 

 

ドトールのランチはおすすめです。皆さんも、試しに訪問してみてはいかがでしょうか。

 

【ドトールの関連記事】

 ドトールの知っておきたいおすすめメニュー!年間1000回カフェに通う男が厳選!

ドトールのモーニング徹底紹介!時間・値段・メニュー・こだわり!学んでお得に楽しもう!

「白ドトール」とは?普通のドトールと何が違う? 

 

スポンサーリンク