学んで楽しむコーヒーチェーン

学んで楽しむコーヒーチェーン

コーヒーチェーンのことを学んで楽しんでいただきたいです!

ドトール|どら焼き|餡子へのこだわりと醸し出す安心感!

f:id:doutorer:20171207093238j:plain

 

今回はドトールの「どら焼き」を紹介させていただきます。

レジの横に置いてある気になるメニューです。食べてきたので感想などをお伝えさせていただきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

どら焼きについて

値段とカロリー

 

 

商品名:どら焼き

料金 カロリー
170円 228kcal

 

どら焼きを作っているのはシャトレーゼという会社

 

ドトールの「どら焼き」を製造をしているのはシャトレーゼという会社です。シャトレーゼは昭和29年創業のお菓子屋さんで、より自然な素材で添加物を極力使用しないことにこだわっております。

ちなみに、ドトールのレジ横に置いてある「かすてら」もシャトレーゼが手掛けるお菓子となっています。(詳しくは⇒ドトール|かすてら|卵への情熱が詰まっている味!

 

 

特徴は?

 

シャトレーゼでは、様々な餡子を使ったお菓子を作っているのですが、 80種類の餡をお菓子によって使い分けているそうです。どら焼きの場合は小豆の皮に水分を多く含ませてやわらかくしているとのこと。

また、餡を炊き上げる際に使用されている水は日本名水百選にも選出された「白州名水」。「白州名水」で炊き上げることで、雑味がなく、皮までふっくらとやわかい風味のよい餡子に仕上がるようです。そんな餡で作られた「どら焼き」となっております。

 

スポンサーリンク

 

 

すごく安心できる味!

f:id:doutorer:20171207111255j:plain

 

食べてみると、しっとり感のある「もふっ」とした食感。こだわりが詰まったあんこは控え目な甘さ。「あんこがぎっしり」という感じではなく、かといって少ない訳ではない、ちょうど食べやすい量。お年寄りの方も無理なく食べれそうです。

 

自己主張が強くないどら焼きなのでコーヒーなどの飲み物を主役にしてくれている感じがしました。カフェラテとの相性はよいです。裏メニューのミルクと合わせるのもありかもしれません。

 

ドトールでどら焼きを食べていると、安心感があります。

なんだかどら焼きが醸し出す安心感とドトールが提供するラフでプレッシャーのない安心のできる雰囲気は、どこか似ているような気がします。

 

年齢層が高い方にはとても喜ばれそうなサイドメニューです。何か一品欲しいという時に、ぜひ食べてみてはいかがでしょうか。

 

【関連】

ドトール|かすてら|卵への情熱が詰まっている味! 

ドトールで食べるべき人気メニュー!ドトールマニアおすすめ!