学んで楽しむコーヒーチェーン

学んで楽しむコーヒーチェーン

コーヒーチェーンのことを学んで楽しんでいただきたいです!

ドトール|かすてら|卵への情熱が詰まっている味!

f:id:doutorer:20171205170927j:plain

 

今回はドトールの「かすてら」を紹介させていただきます。

レジの横に置いてあって、ずっと気になっていた「かすてら」。実は、こだわりが詰まったお菓子なのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

かすてらについて

値段とカロリー

f:id:doutorer:20171205170955j:plain

 

商品名:かすてら

料金 カロリー
180円 150kcal

 

ドトールの「かすてら」を作る「シャトレーゼ」とは?

 

ドトールの「かすてら」を製造をしているのはシャトレーゼという会社です。

こちらの会社は、昭和29年創業したお菓子屋さんです。「お客様の体と心の健康を第一に考え、より自然な素材で添加物を極力使用せず」「どこよりもお値打ちでご提供」「全てのお客様に愛されるお菓子屋でありたい」というポリシーを持っており真摯にお菓子づくりに向き合っている会社のようです。

 

特徴は?

 

シャトレーゼは卵にはただならぬこだわりがあり。 お菓子に合うような卵づくりに注力して取り組んでいるそうです。

「かすてら」には、卵黄を贅沢に使い、絶妙な配合で焼き上げる伝統的なかすてらの製法である「五三焼製法」が用いられています。素材本来の味が楽しめるカステラとなっているようです。

 

スポンサーリンク

 

 

卵への情熱が詰まっている味!

f:id:doutorer:20171205171049j:plain

 

ドトールの「かすてら」は、お年寄りの方が購入しているイメージがあります。スターバックスなどと比べると、レジ横には「かすてら」「どら焼き」などの渋いメンツが並んでいるという印象を受けます。どこか肩の力が抜いて楽しめるドトールらしいラインナップだと思います。

 

「かすてら」を食べてみると、しっとりとしていて重厚な食感で、卵の豊かな香りや風味を感じることができます。甘さは適度であり、ザラメのザクザクとした食感が心地よいです。

 

f:id:doutorer:20171207092606j:plain

 

あまり派手な味ではないので、ドトールのコーヒーの引き立て役としてはもってこいだと思いました。控え目なサイズなので、少しだけ甘いものが欲しい時には重宝しそうです。また、小ぶりではあるものの、コーヒーと最後まで付き合うことができるな味の詰まった「かすてら」になっているように感じました。

 

コーヒーだけじゃ、少し物足らない時に、皆さんも食べてみてはいかがでしょうか。

 

【関連】

ドトール|&ぼーの|空港で人気のお土産スイーツ!

ドトールで食べるべき人気メニュー!ドトールマニアおすすめ!

ドトールバリューカードを完全活用!エクセルシオールでも使える!