学んで楽しむコーヒーチェーン

学んで楽しむコーヒーチェーン

コーヒーチェーンのことを学んで楽しんでいただきたいです!

支留比亜珈琲|カルボトースト|厚切りトーストに染み込む濃厚クリームソース

f:id:doutorer:20171118211439j:plain

 

今回は支留比亜珈琲の「カルボトースト」を紹介させていただきます。支留比亜珈琲でしか食べることのできないプレミア感溢れるメニュー。知っているだけでも、カフェのフードの世界観が広がるかと思います。

 

スポンサー

 

カルボトーストについて

値段は?

商品名:カルボトースト

料金
690円

※価格は東京中野店のもの。 

特徴は?

支留比亜珈琲とは、1972年に誕生して以来、名古屋を中心に店舗を拡大している喫茶店です。

 

そんな支留比亜珈琲で食べることができる「カルボトースト」は、日本でここでしか食べれない味という触れ込み。タマネギやベーコンなどの具材が使用され、ゴーダチーズとクリームソースが、厚切りのトーストに絡んでいます。

 

厚切りトーストに染み込む濃厚クリームソース

f:id:doutorer:20171120151929j:plain

 

目の前に運ばれた瞬間「絶対に美味しいやつだ」と、確信してしまう程のビジュアル。クリームソースにしっかりと浸かった厚切りトースト、その上に乗るマッシュルーム、たまねぎ、ピーマンやベーコン。

見ているだけで思わず「ジュルり」と滴り落ちそうになる、よだれを抑えるのに努力が必要です。

 

f:id:doutorer:20171120192048j:plain

 

 

食べてみると、濃厚でクリーミーなカルボナーラのスープが厚手のトーストにたっぷりとその旨味を余すとこなく染み込んでいます。トーストは、しんなりとしつつも、歯ごたえを残しています。

 

タマネギやピーマンの食感、ゴーダチーズがスープに加える濃厚なコク。理屈抜きに、旨い。お腹を空かせた少年のように、トーストに夢中でかぶりついてしまいます。

 

f:id:doutorer:20171120192121j:plain

 

支留比亜珈琲は名古屋ではなじみの喫茶店のようなのですが、まだ他県への進出はそれほど進んでおりません。おそらく、支留比亜珈琲が店舗数を拡大し知名度を伸ばしていくと共に、カルボトーストの存在はみんなが知るものになっていくと思います。

しかし、「あまり知られていない掘り出しものの絶品メニュー」として、友人などに紹介したいという思いから、有名になって欲しくないという思いもどこかに芽生えてしまいます。

 

わかりやすく美味しいです。ぜひ一度食べてみていただきたいです。

 

スポンサー