学んで楽しむコーヒーチェーン

学んで楽しむコーヒーチェーン

コーヒーチェーンのことを学んで楽しんでいただきたいです!

オペラ(ケーキ)とは?由来・おすすめのカフェ!

f:id:doutorer:20171107164837j:plain

 

今回は「オペラというケーキは何か?」ということについてお伝えさせていただきます。実際に食べれるおすすめのカフェも紹介させていただきますので、気になりましたらぜひご訪問くださいませ。

 

 

スポンサー

 

オペラとは?

 

オペラとは、コーヒー風味のシロップがしみ込ませた薄い生地の間に、コーヒー風味のクリームとチョコレートを交互に薄く挟んケーキのことを指します。金箔が乗っているのが一般的です。フランスのパリが発祥で、長年チョコレート好きから愛されてきた伝統的なケーキです。

 

オペラに使用されている生地について

f:id:doutorer:20171109114459j:plain

 

オペラの生地には「ビスキュイ・ジョコンド」と呼ばれるアーモンドパウダーの入った生地が使用されています。この「ジョコンド」はモナリザのモデルになった女性「ジョコンダ夫人」に由来しているそうです。

通常のスポンジ生地に比べるとアーモンド色の入りの生地は、黄色く焼きあがります。その黄色をモナリザの肌の色になぞらえて、そう呼ぶようになったと言われています。

 

オペラの名前の由来

f:id:doutorer:20171108190407j:plain

 

オペラというケーキの名前には諸説あります。

 

・オペラ座の近くで誕生したから

・オペラに乗っている金箔が、オペラ座の上にあるアポロン像が持っている金の琴に見立たてているから

・何層にも重ねるというケーキの構造が、オペラ座の観客席と似ているから

・オペラ座に出演したチョコレート好きのバレエダンサーを想って考えられたケーキだから

 

いずれも、オペラというケーキの名前はフランスのパリにある「オペラ座」に由来しております。

 

また、オペラというケーキの起源については、2つの説があります。1920年に「クリシー」という菓子店で「オペラ」という名前ではなく「クリシー」として誕生したという説と、1955年に菓子店「ダロワイヨ」の先代社長が考えたという説。

ちなみにクリシーもダロワイヨも、パリのオペラ座の近くにある菓子店です。

 

おすすめのカフェは?

 

オペラは高貴で上品な佇まいで、アフタヌーンティーを優雅に演出するのに最適なケーキです。そんなオペラをリーズナブルに楽しめるカフェを紹介させていただきます。

 

星乃珈琲店

f:id:doutorer:20171107152015j:plain

 

「星乃珈琲店のオペラ」は単品だと420円。ドリンク付きのケーキセットだと720円です。リーズナブルにオペラを堪能することができます。

 

珈琲店が手掛けるオペラなので、豊かなコーヒーの風味を存分に感じることができます。上部を覆うチョコレートはとろりと溶けていて、スポンジとの一体感が味わえます。サイズは大きくないので、食後のデザートにもぴったりと言えるでしょう。

 

アンティーク調の家具が並びレトロな雰囲気な漂う星乃珈琲店の店内で、オペラとともにアフタヌーンティーを愉しめば、ゆったりと時が流れる優雅な時間を過ごすことができると思います。

 

(星乃珈琲店のオペラについて詳しくは⇒星乃珈琲店|星乃珈琲店のオペラ|アフタヌーンティーのお供におすすめ

 

 

オペラというケーキが醸し出す高貴な雰囲気は、日常のモヤモヤなどを吹き飛ばしてくれそうです。皆さんもオペラと共に、ゆっくりとした時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 


スポンサー