学んで楽しむコーヒーチェーン

学んで楽しむコーヒーチェーン

コーヒーチェーンのことを学んで楽しんでいただきたいです!

スタバ|キャラメルマキアート~裏メニュー「ゼブラマキアート」でさらに楽しく!~

f:id:doutorer:20170911104256j:plain

(画像元:http://www.starbucks.co.jp/beverage/espresso/4524785019232/

 

今回はスターバックス「キャラメルマキアート」を紹介させていただきます。

 

飲んだ感想やキャラメルマキアートにまつわる豆知識なども、お伝えさせていただきます。また、キャラメルマキアートに関連したスタバの裏メニューである「ゼブラマキアート」も合わせて紹介させていただきます!

  

 

スポンサー

 

 

<基本情報>値段とカロリー

 

商品名:キャラメルマキアート(HOT)

サイズ 料金 カロリー
Short 419円 142kcal
Tall 453円 208kcal
Grande 496円 277kcal
Venti 540円 353kcal

※価格は税込み,カロリーはミルクの場合

 

商品名:キャラメルマキアート(ICED)

サイズ 料金 カロリー
Short 419円 156kcal
Tall 453円 200kcal
Grande 496円 269kcal
Venti 540円 312kcal

※価格は税込み,カロリーはミルクの場合

 

キャラメルマキアートについて~本場イタリアにはない味~

 

スターバックスのキャラメルマキートは、バニラシロップとスチームミルク(温めたミルク)が入っています。その上に、フォームドミルク(泡立っているミルク)とエスプレッソを注ぎ、最後にキャラメルソースがトッピングされています。エスプエッソショット(+50円)を追加して、少しビターな味わいにするのもよいでしょう。

 

スターバックスのエスプレッソ系ドリンクは、スターバックスの最高責任者であるハワード・シュルツ氏がイタリアのエスプレッソバーでカフェラテに出会ったことがきっかけで生まれました。キャラメルマキアートは、本場イタリアにはないオリジナルのドリンクとして誕生しました。

 

スターバックスのブームはキャラメルマキアートがきっかけ?

スターバックスが日本で流行した理由のひとつが、このキャラメルマキアートにあります。

1999年11月に「キャラメルマキアート」の発売が開始されました。これが、若い女性たちの間で評判になってスターバックスは「甘くておいしいエスプレッソコーヒーがある店」として認知されました。

 

そして、スターバックスはメディアでも多く取り上げられ、世間に知られるきっかけになったと言われています。現在もスターバックスの定番として高い知名度と人気を誇ります。疲れた時の自分へのご褒美として飲む人が多いドリンクと言えるでしょう。

 

 

マキアートってそもそも何?

 

マキアートとは「エスプレッソ」に「フォームドミルク(泡立っているミルク)」を加えたもののことを指します。

 

「マキアート」という言葉はイタリア語で「シミのついた」という意味を持ちます。泡ミルクにコーヒーのシミが付いているような状態から名づけられたそうです。(マキアートについて詳しくはこちら⇒マキアートとは

 

飲んだ感想

f:id:doutorer:20170821220721j:plain

 

ホットのキャラメルマキアートのショートを注文。

 

スターバックスのドリンクというのは、フラペチーノの印象が強く、全体的に甘いイメージがあります。「キャラメルマキアート 」というネーミングから「いかにも甘そうなドリンクだ!」と思ってる方も多いはず。

 

しかし、スタバのキャラメルマキアートは、意外と甘さ控えめです。キャラメルの優しくてほのかな甘みを感じながら、心地より苦味を感じるカフェラテとの相性を楽しむことができます。甘いのが飲みたい時よりも、優しい甘さを感じたい方向けのドリンクだと思います。

 

カスタマイズ

よりキャラメルの魅力を楽しみたい方は、キャラメルソースが増量は無料で、バニラシロップをキャラメルシロップに変更するのも無料なので、よりキャラメル感を味わえるドリンクが無料で楽しめます。

 

個人的には、エスプレッソショット(+50円)追加がおすすめです。甘いキャラメルに、エスプレッソの苦味が加わることで、疲れた時に最適な少し刺激的なドリンクへと変貌を遂げます。

 

裏メニュー「ゼブラマキアート」

f:id:doutorer:20170913123407j:plain

 

「ゼブラマキアート」は、ホワイトモカシロップとチョコソースを加えたドリンクです。ホワイトモカはホワイトチョコレート風味のシロップと言われています。

 

チョコ好きにはおすすめのカスタマイズで、注文した時に店員さんから「チョコがお好きなんですか?」と聞かれました。

 

こちらのカスタマイズは追加料金なしでできますので、気軽にお試しください。

<注文方法>

・キャラメルマキアートのホットを注文

・バニラシロップをホワイトモカシロップに変更(無料)

・キャラメルソースをチョコソースに変更(無料)

Short 419円(税込み)

飲んだ感想

f:id:doutorer:20170913123438j:plain

 

見た目の印象とは違い、キャラメルマキアート同様、甘みは控えめです。ホワイトモカが入ったことで、ラテのコクがより濃厚で複雑になったように感じます。 

 

キャラメルソースとは違う、優しい甘さを提示してくれるチョコレートソースとラテの相性も楽しめますが、「ゼブラマキアート」はチョコレートのコクや深みを堪能できるドリンクとなっていると思います。

 

なんだか癖になりそうな味です!皆さんもぜひ、試してみてはいかがでしょうか。

 

 

www.ftcompany.site

スポンサー