学んで楽しむコーヒーチェーン

学んで楽しむコーヒーチェーン

コーヒーチェーンのことを学んで楽しんでいただきたいです!

「アップルパイ」比較!スタバ・タリーズ・ドトールのそれぞれの特徴は?

f:id:doutorer:20170901102108j:plain

 

今回はスターバックス・タリーズ・ドトールの「アップルパイ」を比較させていただきます。

 

コーヒーチェーンのアップルパイを比較することで、それぞれのアップルパイの魅力を理解する上で新たな視点が加わり、より楽しいコーヒーチェーンライフを過ごせるのではないかと思っております!

 


 
 スポンサー 
 

 

   

スターバックスのアップルパイ 

f:id:doutorer:20170901102312j:plain

料金 カロリー
518円(税込み) 259kcal

 

バター100%のパイ生地に、青森県産紅玉りんごとふじりんごがたっぷりと詰められています。トッピングはホイップクリーム(+30円)とキャラメルソースがおすすめです!

 

りんごの魅力を存分に味わえるのがスタバのアップルパイのおすすめポイントです!

 

パイ生地に詰まってるりんごのサイズは大きく、噛んでみると果実の酸味と甘味が口の中で弾けます!ホイップとキャラメルソースを絡めて食べると優しい甘さが加わり、さらに違った楽しみ方ができます。

 

りんごの芳醇な酸味や甘みが120%引き出されているアップルパイです!3社の中で518円と一番高価ではありますが、最も贅沢なりんごの味を堪能することができます。あまりお腹を圧迫することがないので、デザートとしておすすめです!

 

詳しい紹介記事はこちら⇒スタバ|アップルパイ~カスタマイズでさらに美味しく~ 

 

タリーズのアップルパイ

f:id:doutorer:20170818114922j:plain

料金 カロリー
280円 365kcal

 

タリーズのアップルパイは国産の大きめのりんごの果肉を使用され、ラムレーズンとシナモンを香ばしいパイで包んでいるようです。また、微量の洋酒が入っています。

 

パイが厚手で歯ごたえがある。普通にパンを食べてるかのようなボリューム。お腹にたまるので、こちらはデザートとしてではなく、食事や小腹が空いた時に食べるのがよいと思います。

 

リンゴはシナっとしておらず噛むとサクリと切れる歯ごたえのよいもので、リンゴの下に敷いてあるシナモンとラムレーズンのアクセントになり、リンゴの甘みを引き立ててくれます。

 

タリーズのアップルパイは腹持ちがよいです!また、ラムレーズンとシナモンとリンゴの相性が楽しめます!

 

詳しい紹介記事はこちら⇒タリーズ「アップルパイ」を学んで美味しく楽しもう!ドトールとの比較も!

 

ドトールのアップルパイ

f:id:doutorer:20170822164244j:plain

料金 カロリー
160円 331kcal

 

160円と3社の中で一番安いです!ドトールのコーヒーが1杯220円なので、合わせて食べても380円です。会社員時代のランチによく食べていました。出費を押さえたい時には知っておくと重宝するアップルパイです!

 

このアップルパイはりんごとカスタードクリームの相性を楽しむことができます。スタバのような贅沢な味わいという訳ではありませんが、気軽に食べれて、定番として楽しめる味だと思います!

 

温めて食べるのがおすすめです!

 

詳しい紹介記事はこちら⇒ドトール「アップルパイ」を学んで美味しく楽しもう!タリーズとの比較も! 

 

それぞれのアップルパイの特徴まとめ

 

【スターバックス】

・518円と価格が一番高い。食べるとものすごくリッチな気持ちになれる。

・りんごの魅力を存分に楽しむことができる

・デザートとして食べるのがおすすめ

 

【タリーズ】

・280円と価格は中間

・シナモン・ラムレーズン・アップルのコラボを楽しめる

・小腹が空いた時や、食事代わりにおすすめ

 

【ドトール】

・160円と価格が一番安い。コーヒー(220円)と合わせても380円なので、節約してる時にランチで食べるなどおすすめ

・カスタードクリームとりんごの相性を楽しめる

 

コーヒーチェーン各社のアップルパイはそれぞれ違った魅力を持っています!機会がありましたら、ぜひともお召し上がりください!

 


 
 スポンサー