学んで楽しむコーヒーチェーン

学んで楽しむコーヒーチェーン

コーヒーチェーンのことを学んで楽しんでいただきたいです!

ドトール「フルーツパフェ」の感想!タリーズのパフェとの比較も!

f:id:doutorer:20170819155800j:plain

 

今回はドトールの期間限定スイーツ「フルーツパフェ」カロリー・値段などの基本情報をはじめ、「フルーツパフェ」の味のレポートをさせていただきます。

 

また、タリーズのパフェと比較することで、より特徴や魅力をわかりやすく伝えられるのはと思っております!

 



スポンサー

 

 

<基本情報>値段とカロリーと豆知識

f:id:doutorer:20170819155834j:plain

商品名:フルーツパフェ

420円 (255kcal)  ドリンクセット610円

 

「フルーツパフェ」はドトールより2017年、夏の期間限定スイーツとしてリリースされました。ホームページによる紹介は下記の通りです。

 

「トロピカルなフルーツや喉ごしのよいゼリー、ふわふわのピスタチオスポンジケーキなどを彩りよくトッピングしました。」

 引用元:デザート|メニュー|ドトールコーヒーショップ

 

見た目は本当に鮮やかで、ピンクやオレンジとどこかメルヘン感を漂わせています。「こんなかわいらしいのだから人の不幸にするような味なわけがない!」と期待感は高まります。

 

フルーツパフェはものすごく具だくさん!

f:id:doutorer:20170819155920j:plain

 

ドトールのフルーツパフェは、ものすごく具だくさん!フルーツパフェというだけあって「パイン・いちご・みかん・マンゴー・白桃」と5種類のフルーツの味が楽しめます!一度に色んな味を楽しみたい!というワガママな欲求に存分に応えてくれるでしょう!

 

感想~遊園地で彼女に振り回されてるかのごとく味~

f:id:doutorer:20170819191735j:plain

 

サイズは結構こぶりです。高さでいうと、大体iphone5と同じくらいのサイズ。

 

このフルーツパフェの魅力は、食べる度に全部違う味を楽しめることです違う甘さ、違う魅力、どこをすくっても同じ味の瞬間がありません。次から次へと違う味を提供されてる時の気持ちは、じゃじゃ馬な彼女に遊園地であれ乗りたい、これ乗りたいと振り回せれている時の幸福感を連想させます。

 

控えめな甘さのいちごのクリーム、柔らかくて食べやすい爽やかな果実、それぞれのパーツごとの魅力はあるものの要素が多すぎて「ドトールのフルーツパフェはこういう味!」と断言をするのは難しいです。

 

共通して言えるのは、どちらかというと爽やかで甘さ控えめなパフェだということ。お腹にもあまりたまらないので、ケーキっていう程甘いもの食べたい訳じゃないけど、ちょっと甘いもの摂取はしたいんだよなーという時にはぴったりのスイーツとなってます。

 

タリーズ「T'sパフェバード」との比較

f:id:doutorer:20170607150230j:plain

 

今年の夏、タリーズよりリリースされた「T'sパフェバート」は、どちらかというとクリームの甘みとかチョコの甘みを押し出した、わかりやすく甘くて美味しいパフェという感じ!

 

こちらも「バナナフィリング・チョコクリーム・カスタードクリーム・・・」などの7層で、違う味を楽しめますが、ドトールのフルーツパフェはもっとじゃじゃ馬です。いい意味で統一感がない感じ。

 

甘さ控えめでなおかつ、味の変化を楽しみたい方はドトールのフルーツパフェがおすすめです。チョコレートとかクリームとかをがっつり味わいたいという方は、タリーズのパフェがおすすめです。

 

皆さんも比較して楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

 
スポンサー