学んで楽しむコーヒーチェーン

学んで楽しむコーヒーチェーン

コーヒーチェーンのことを学んで楽しんでいただきたいです!

ブレンドコーヒーとは?看板メニューにするところが多い理由!ドトールコーヒーの事例も!

f:id:doutorer:20170802192750j:plain

 

コーヒーチェーンなどに行くと「ブレンドコーヒー」というメニューを見かけることが多いと思います。

 

ところでこの「ブレンドコーヒー」とは、どんなコーヒーのことを言うのでしょうか?また、看板メニューにしてるところが多いですが、それは一体なぜでしょう?

 

今回は「ブレンドコーヒー」について説明させていただきます。また、有名コーヒーチェーンであるドトールの例などを踏まえて、より具体的にブレンドコーヒーについて学んでまいりましょう!

 

スポンサー

 

ブレンドコーヒーとは?

 

ブレンドコーヒーとは複数の種類の豆を混ぜて淹れたコーヒーのことです。ストレートコーヒーというものがありますが、こちらは「ブラジル」「キリマンジャロ」など単一農園の豆で作られたコーヒーのことを指します。

 【関連】

ドトールの本日のコーヒーで学ぶ味「キリマンジャロ」について 

ドトールの本日のコーヒーで学ぶ味「ブラジル」について - 学んで楽しむコーヒーチェーン

 

コーヒーショップに行くと、ほとんどの店舗で「ブレンドコーヒー」を看板メニューに据えている店舗が多いです。「別にストレートコーヒーでもいいのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、そこには納得の理由があるのです。

 

<ブレンドコーヒーをこぞって看板メニューにする3つの理由>

理由①みんなが好む味にするため

ストレートコーヒーというのは、単一農園で作られた豆を使用します。そのため、「酸味が強い」「苦味が強い」などの個性が色濃く出てきてしまい、万人のお客さんが好むような味ではなくなってしいます。

 

ブレンドのように複数の種類の豆をバランスよく混ぜることによって、みんなが美味しいと思えるような味を作れるようにしているのです。

 

理由②豆が手に入らないという絶望的状況を避けるため

コーヒー豆というのは、繊細なもので時期によって豆がなかなか手に入らないということがあります。

 

もし、看板メニューが単一の銘柄にしていて、豆が手に入らなくなってしまったら大変です。お客さんに対して「今日、ちょっと看板メニューやってないんですよね・・・。」と不甲斐ない対応をしないといけなくなるかもしれません。

 

そこで複数の豆をブレンドするという手法を取っておけば「あの豆が確保できない!」という緊急事態に陥った時にも安心。似たような味の豆を代用をすることで、常に看板メニューとして提供し続けることができるようになるのです。

 

理由③価格を安定させるため

コーヒーの豆は常に一定の価格ではなく変動しています。

 

しかし、コーヒー豆の値段が上がってしまったからと言って「いつもは200円だけど豆の値段が上がったから今日は300円です」とその度にコーヒーを値上げをするわけにもいきません。

 

そこでブレンドという複数の豆を使ったコーヒーを看板メニューに据えておけば、そうしたリスクにも対処することができるのです。もし、必要なコーヒー豆の価格が上がったとしても、味の似ている安い豆を仕入れるなどの対処によって、常に一定の価格を保つことができるのです。

 

<ドトールコーヒーから学ぶブレンドコーヒー>

f:id:doutorer:20170802192904j:plain

 

ここまで、ブレンドコーヒーについて説明させていただきましたが、実際にブレンドコーヒーを提供している店ではどういった取り組みがされているのでしょうか。

 

今回は皆さんご存知の有名コーヒーチェーンで、ブレンドコーヒーを看板メニューとしているドトールコーヒーを例に説明させていただきます!

 

ブレンドコーヒーの焙煎について<アフターミックス・プレミックス>

コーヒー豆というのは最初は白い「生豆」という状態です。これを「焙煎」という、豆を焼く工程を経ることで、皆さんがよく見るような茶色い豆になりコーヒーらしい香りが出るようになります。ブレンドの焙煎の方法は大きく分けると、下記の2種類があります。

 

アフターミックス・・・複数の種類の豆をそれぞれ分けて焙煎して、その後に豆を混ぜる方法。

プレミックス・・・複数の種類の豆を混ぜてしまってから焙煎する方法。

 

 

一般的なコーヒー店ではブレンドを作る時は、アフターミックスの手法を用います。

 

コーヒー豆は品種によって「よく焼いた方がいいもの」「あんまり焼かな方がいいもの」と様々です。そうしたコーヒー豆の違いから一気に焼いてしまうと、焼き加減を調整するのが非常に困難です。そこで、それぞれの豆を特性に合わせた焼き方をしてから、豆をブレンドするアフターミックスの手法が用いられるのです。

 

しかし、ドトールコーヒーではプレミックスを採用しています。

 

その理由は、炊き込みご飯を作る際に醤油や具材を先に混ぜてから炊き込むのと、ご飯を炊いてから醤油と具材を入れるのでは、味が全然違うと思います。当然、先に混ぜてから炊き込んだ方が融合性が高くて美味しいでしょう。ドトールとしては、コーヒーにも同じことが言えるだろうという主張なのです。そういった理由からプレミックスを採用しているのです。

 

もちろん、そうすることによって手間もかかるし高い技術も要求されます。難しい焙煎ではありますが、熟練した職人による絶妙な調整を加えることによって、ドトールではプレミックスの焙煎は実現されているのです。

 

 

そうしたこだわりによって、ドトールのブレンドコーヒーは丁寧さが伝わってくるような味をしていると思います。

 

 

スポンサー