学んで楽しむコーヒーチェーン

学んで楽しむコーヒーチェーン

コーヒーチェーンのことを学んで楽しんでいただきたいです!

エスプレッソとは?スターバックスやタリーズとの深い関係!

f:id:doutorer:20170718162630j:plain

 

僕はかつてエスプレッソというものに対して怯えていた時期があります。「一体なんだろうこの飲み物は?頼んでみたいけど、もし変なやつが来たらどうしよう」そう思いながらメニュー表で見る度に気になり続ける、そんな時期がありました。

 

そういう僕みたいな思いをしている人のために、今回は「エスプレッソ」とは何かについて徹底的に説明したいと思います!

 

 

また、エスプレッソとスタバやタリーズなどの関係についても興味深く説明させていただきます!知ることによってエスプレッソをきっと楽しめるようになるはずです!

 

 

スポンサー

 

 

 <エスプレッソとは何か?>

 

エスプレッソとは?

エスプレッソとは一言でいうと「圧力をかけて短時間で抽出した濃厚なコーヒー」です。しかし、これだけでは理解しずらいと思います。

 

コーヒー豆というのを見たことがあると思います。あそこから皆さんがよく見るコーヒーという液体にするにはいくつかの過程を経る必要があります。まずは、豆を粉状にします。そして、その粉にした後に、その粉に含まれてるコーヒーの成分を水に移動させる必要があります。この工程を抽出と呼びます。 

 

 

エスプレッソは、この抽出という工程を短時間で圧力をかけて行い、それによって出来た濃厚なコーヒーのことを指します。通常のコーヒーよりも、抽出のスピードが早いため、イタリア語で急行列車を意味する「エスプレッソ」と名付けられたと言われています。

 

また、イタリアでは「カフェ」と言えばブレンドなどのコーヒーではなく、エスプレッソを指す程ポピュラーな飲み物となっています。

 

エスプレッソの特徴と種類~ソロとドッピオって何?~

 

エスプレッソの特徴は、量が少なくて味が苦い、というのが連想されます。しかし、美味しいエスプレッソは、コク、苦味、甘み、酸味のバランスが取れており、フルーティーな香りがするそうです。

 

また、エスプレッソは小さいカップで、提供されます。カップには2種類あって、容量が60~80mlものをデミタスカップ、容量が20~30mlものがエスプレッソカップと言います。

 

エスプレッソの注文の仕方はソロとドッピオが一般的です。また他にもエスプレッソには、下記のようにいくつか種類があります。

 

「ソロ」・・・一般的なエスプレッソ

「ドッピオ」・・・豆と水の量が通常の倍

「リストレット」・・・通常の量の豆を半分の量の水で抽出。めっちゃ濃い。

「ルンゴ」・・・通常の量の豆で水は2倍程度。

「カフェ・アメリカーノ」・・・ソロをお湯割りにしたもの

 

スターバックスでも、エスプレッソを注文すると「ソロとドッピオどちらになさいますか?」と聞かれることがあるでしょう。「ソロは通常サイズ、ドッピオは倍のやつ」と覚えておけば、狼狽してカウンターの前で小刻みに震える必要がなくなりますね。

 

エスプレッソの飲み方

f:id:doutorer:20170718204752j:plain

 

エスプレッソを初めて飲んだ時にあまりの苦さに「もう二度と飲まない・・・」とエスプレッソの魅力に気づかずに卒業してしまう方もいるかと思われます。

 

しかし、日本ではコーヒーに砂糖を入れることは邪道とされていますが、実はそういう思想を持ってるのは日本人だけ。イタリアではエスプレッソに山盛りの砂糖を入れて飲むのが一般的です。

 

そして、エスプレッソを飲み干した後は下の方に溜まった砂糖をスプーンですくって食べるのもイタリア式です。なんか昭和のお菓子を食べてるみたいで美味しいですよ。

 

また、飲み方としてはちょびちょびと飲むのではなく、一気に飲む、もしくは2、3口で飲むというのが嗜み。こうすることによりエスプレッソの香りが口の中に一気に広がり、今までにない感覚を味わうことができるかと思います。

 

ただ、やはり自分好みで飲むのが1番です。ちょびちょびとブラックで飲むのが最高だあると感じるならば、ぜひともそのような飲み方を続けていただきたい。

 

<スタバ・タリーズとエスプレッソとの関係!>

 

シアトル系コーヒーとエスプレッソ

 

スターバックスやタリーズなどのアメリカのシアトルを発祥としたコーヒーチェーンでは、エスプレッソドリンクが主流です。おいおいちょっと待って 、別にスタバとか行ってもエスプレッソなんて頼まないけどそれでも主流なの?と思う方もいるでしょう。

 

しかし、スタバでおなじみの「スターバックスラテ」はカフェラテです。カフェラテはミルクにエスプレッソを注いだもののことを指します。知らず知らずに皆さんエスプレッソを摂取しているのです。スターバックスラテを飲んだ時にミルクの中に感じる心地よい苦味は、実はエスプレッソによるものだったのですね。ちなみにアメリカでカフェラテを提供したのはスターバックスが最初です。

  

タリーズの「壁」とエスプレッソの関係

 

タリーズの壁は落ち着いた雰囲気を出すために、茶系の暖色で出来ています。この色はタリーズ内では「クレマ」と呼ばれているのですが、実はこれエスプレッソと関連する言葉。

 

f:id:doutorer:20170718205855j:plain

 

 「クレマ」というのはエスプレッソの最上層にできるゴールデン・ブラウン色をした泡のこと指します。クレマには蓋をして美味しさを閉じ込める役割があるのです。

 

【関連】タリーズコーヒーの内装について~椅子は最初は金色だった!?~ 

 

そんな壁のことを「クレマ」と呼んでしまうタリーズでは、当然エスプレッソにもこだわっています。最高のエスプレッソを抽出するために、コーヒーの粉の重量・温度・抽出時間・抽出量など細かいルールのもと作られているのです。ぜひ、お店で味わってみてください。

 

今のスターバックスは一杯のエスプレッソから誕生?

f:id:doutorer:20170718205123j:plain

 

スターバックスは実は最初はコーヒー豆の販売する店で今のようにお客さんにコーヒーを振る舞うような業態ではありませんでした。

 

現在、スターバックスの会長であるハワード・シュルツさんがイタリアのエスプレッソ・バーを見たのに影響を受けた結果、今のような店で振る舞うスタイルになったのです。

 

もし、シュルツがイタリアでエスプレッソと出会っていなかったら、スターバックスは今でもコーヒー豆の販売店のままだったかもしれません。

 

コーヒー豆販売店から、今のような形になるのにはドラマがあります。

 

イタリアで体験した本物のエスプエッソ文化をスタバでもやりたいと、メンバーに告げたところ、反対されてしまいます。それでも、諦めないシュルツさんはスターバックスを辞めて、投資家に頭を下げる毎日を送り、イル・ジョナーレという会社を立ち上げて、その店を一生懸命流行らせて、それからスターバックスを買収したのです。

 

それにより、今のような業態になりました。会社を辞めた人間が、買収する形で以前語っていた理想を実現するというのは、なんだか壮大なストーリーです。

 

 

そのストーリーも全てはエスプレッソから始まっています。エスプレッソにはそんな人を動かす力を秘めた飲み物と言えるでしょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。エスプレッソの基本から、エスプレッソにまつわる出来事を知ることによってエスプレッソに対する興味が沸いたならば幸いです!

 

スポンサー