学んで楽しむコーヒーチェーン

コーヒーチェーンのことを学んで楽しんでいただきたいです!

タリーズコーヒーの内装について~椅子は最初は金色だった!?~

f:id:doutorer:20170705150107j:plain

 

今回はタリーズの内装について紹介させていただきます。内装について知ることでタリーズの過ごし方がより楽しいものになると思います!

 

目次

 



スポンサー

 

 

タリーズの内装について

f:id:doutorer:20170705150500j:plain

 

タリーズのターゲット層は25歳以上の大人で、店舗デザインも自ずと大人を意識したものとなったようです。落ち着いた雰囲気を出すために壁の色を茶系の暖色に。この色はタリーズ内では「クレマ」と呼ばれているそうです。

 

「クレマ」というのはエスプレッソの最上層にできるゴールデン・ブラウン色をした泡のこと指します。タリーズの店舗の壁面には茶殻が使われてるところもあるので、なんとなく全体的に食の要素が散りばめられているので、知ることでより美味しいイメージが付与される気がします。

 

f:id:doutorer:20170705104554j:plain

 

家具にも気を遣いカントリー風の椅子が並びます。椅子はユニークなものも採用されて「ピッチフォークチェア」という背もたれに干し草用のくま手を使い、足は斧の柄の形をしているものもあります。

 

また、直営店全店はLED電球が設置されていて、照明の色も落ち着いていて、リラックスできるような発光色が店内を照らしています。

 

タリーズの照明は少し薄暗いイメージがあります。ドトールでもLEDの使用店舗がありますがこちらは、明るい使われ方をしているイメージが強い。同じLEDでもコンセプトによって見せ方が全然違うのですね。

 

ちなみにドトールの照明は、影が出ないような店舗設計がなされていたりします。【関連】ドトールの「照明」のこだわりが凄い!~ドトール赤坂一丁目店~ 

 

 

 

タリーズの店内は大人を意識した落ち着いた雰囲気がありますが、あまり肩肘張らず利用しやすいという特徴があるのもよいところだと思います。 店舗が騒がしいイメージはあまりなく、若年層で利用される方もおしゃべりよりも勉強目的で利用する方が多いと思います。

 

僕はパソコンで作業をしたい時はタリーズを選ぶことが多い気がします。ちょっと薄暗くて落ち着いた雰囲気が、自分の時間に没頭して過ごすことに、非常にマッチしているからだと思います。自宅で仕事をしていてもなかなか捗らず、ちょっと気分を変えたいという時にはタリーズはおすすめのスポットです。

 

少し特別な内装もある!?

タリーズは店舗によっては少し特別な内装の店舗もあります。

 

f:id:doutorer:20170705162019j:plain

 

タリーズ表参道ヒルズ店では旗艦店に次ぐ大きさの店舗で、テーマごとにゾーン分けされていて、ゆっくり過ごしたい方、カップルとしゃべりをしたい方などあらゆる要望に応えてくれます。また、雑誌のバックナンバーも置いてあっておしゃれに表参道気分が味わえたりします。

 

 

f:id:doutorer:20170705162440j:plain

 

また、タリーズ隅田公園店は隅田川沿いという立地にあり、東京都内で初めて河川敷内にオープンしたカフェとして知られます。こちらではどこに座ってもなるべくスカイツリーが見えるような設計にしてるようです。

 

タリーズは店舗によって内装にも違いがあります。それはこういった露骨に珍しい店舗に留まらず一見普通に見える店舗もその地域のお客さんのことを考えて工夫が凝らされていることでしょう。

 

どういったお客さんのことを想定して、どうしてこうした内装にしているのか、などと考えて見るのも楽しいかもしれません。

 

 

タリーズのオープン当初、椅子は金色だった?

 

1997年8月、日本のタリーズの1号店が銀座に誕生しました。

 

創業者である松田公太さんは、元々は銀行員で経営者としての経験やコーヒー通であった訳だもありませんでしたが、圧倒的な行動力を武器にシアトルにあったタリーズコーヒーを日本に誘致しました。創業に関しての詳細はこちらの記事で紹介させていただいております⇒タリーズ創業エピソード!創業者松田公太さんの行動力が凄すぎる! -

 

そのため、設計や内装に関しては全くの素人。相談したデザイナーに言われるがままにしていたことにより、多くの失敗をしたと言います。

 

なんとタリーズの椅子は最初椅子は金色の布製だったそうです。その結果、コーヒーをこぼしてしまうとシミとして残ってしまうというハプニングが起きてしまうということもありました。

 

また、壁の素材の「ツヤ」選びでも失敗したと言います。ツヤがあると壁がテカテカと光反射します、ツヤがない場合は壁はテカテカせずに落ち着いた雰囲気が出来ます。

 

デザイナーから壁に関してはツヤがない方がおしゃれだと言われて、実際にそうしてみたところ、椅子やカバンが少しこすれるだけで汚れがつき落ちなくなってしまうということもあったそうです。

 

今は過ごしやすい空間でしたが、昔は金色のシミがつきやすい椅子が並べられ、汚れやすい壁をしていたタリーズだったのですね。そのままだったら尋常じゃなく落ち着けない空間で、汚さないように慎重を期してビクビクしながらタリーズで過ごしていたことでしょう。

 

 

タリーズの内装について知るだけでも、タリーズの見方が大分変わるかと存じます。今度タリーズを訪問した際には、改めて店内の様子をまじまじと眺めてみてはいかがでしょうか。

 

 


スポンサー