学んで楽しむコーヒーチェーン

コーヒーチェーンのことを学んで楽しんでいただきたいです!

店舗限定ジャーマンドックにお酒も!ドトール羽田空港店は楽しすぎ!

f:id:doutorer:20170530100952j:plain 
著者:福永(通称ドトール男)
巡ったドトール数は150店舗以上。年間1000回以上のペースでカフェチェーンに行く。
 
 
今回訪れたのは羽田空港のドトール。実はこちらのドトールはただのドトールではありません。
 
羽田空港に来る方は旅行を目的とした方も多いことでしょう。
 
そんな旅行の思い出に滑り込まんとするかのごとく、ここでは普段とは違うドトール体験を提供してくれるのです。
 
 
それでは早速「ドトール羽田空港店」紹介させていただきます。 
 
 
目次
 
 


スポンサー
 
 
 

ドトールコーヒー羽田空港店

 
 f:id:doutorer:20170530101102j:plain
 
<基本情報>
・場所 羽田空港第一ビル駅(東京モノレール)より徒歩2分 地図
 
営業時間 
平 日:6:30~22:00
土曜日:6:30~22:00
日 祝:6:30~22:00
・座席の間隔 普通(狭い/やや狭め/普通/やや広め/広い)
・座席数 総席数18 禁煙席14 喫煙席4
・完全分煙
・1階建て
 
 

 全国に2店舗しかない「ジャーマンドックカフェ」

 f:id:doutorer:20170530101127j:plain
 
ドトール羽田空港店は2013年12月19日にオープン。
 
 
店内はヨーロピアンスタイルでさながら西部劇に出てくるバーのような雰囲気で「ジャーマンドックカフェ」と呼ばれています。
 
 
実はこの「ジャーマンドックカフェ」は仙台にある「アリオ仙台店」と合わせて全国に2店舗しかない特別なドトールなのです!
 
 
一体何が特別なのでしょうか!?
 
 

普通のドトールと何が違うのか!?

 
 
ドトールにはジャーマンドックという絶対不動の看板メニューがあります。
 
 

f:id:doutorer:20170514204839j:plain

 
 
通常のドトールで出されるジャーマンドックのソーセージは湯せんしたのものが提供されるのですが。こちらのドトールではなんとソーセージを鉄板で焼いて提供してくれるのです。
 
店内には「ジュージュー」と普段ドトールでは耳にしない鉄板でソーセージを焼く音がBGMのごとく聴こえます。風情がありますね。
 
 
また、この店舗にしかないスペシャルなジャーマンドックを食べることもできます。
 
 

f:id:doutorer:20170530101340j:plain

 
 
なんとスクランブルエッグが乗ったジャーマンドックが!
 
 
それに、かつては通常のドトールでも扱われていましたサワークラウトなどのメニューもあります。
 
 
しかも、ソーセージにはドトールのあるこだわりがあるのです。
 
 

ソーセージへのこだわり

 
ドトールはあらゆるメニューに、そこはかとないこだわりを抱いていることは「ミラノサンド」の記事などで説明させていただきました。
 
 
なんと、この店舗のジャーマンドックに使われてるソーセージも通常のジャーマンドックのものとは違うものを使っているのです。
 
通常のジャーマンドックは湯せんして提供されることを想定して考えられたソーセージ、こちらは鉄板で焼いた時のことも考えて美味しくなるようなソーセージを使っているようなのです。
 
 
僕がドトールの経営をしていたら「湯せんしてたソーセージそのまま使えばいいじゃん。そんなに変わらないっしょ。もっと惰性で仕事しようよ」と言って、別のソーセージを使うことは考えないでしょう。 
 
ちゃんとした大人たちががんばって美味しいものを提供しよと常に本気で取り組んでるようですね。
 

ランチメニューについて

 

f:id:doutorer:20170530101408j:plain

 
11:00~14:00の間はランチメニューが食べることができます。
 
セット内容は5種類のジャーマンドックから選ぶことができて、ベイクドポテトと選べるドリンク。
 
ドリンクのサイズは全てMからでSサイズはありません。
 
価格はセットで520円です。羽田空港ということでお財布の紐も緩んでる人が多そうなのに、お手頃な価格という印象。
 
 
ちなみに、ジャーマンドックはどれを選んでも同じ値段。
 
 
定価で買うとプレーン260円スクランブルエッグは330円定価に70円も開きがあるのに価格が同じなので、どんなにプレーンが食べたいと思っても、余程強靭な意志がないと選ぶことはなかなか難しいのではないでしょうか。
 
 
きっと僕はお金という概念に興味がなくなる程の大富豪にならないと、ここでプレーンをランチセットで注文できる日は来ないのかもしれません・・・。
 
 
さて、そんなこんなで僕は「スクランブルエッグ」を選びました。その日一番食べたいものと定価の高さが一致したのでよかったです。
 
 
ドリンクはブレンドコーヒーを選択。
 
 

感動を促すうまさ

 
 f:id:doutorer:20170530205550j:plain
 
 
スクランブルエッグのジャーマンドックのビジュアルは、もう「どう見ても美味そう」以外の感想が出てきません。
 
 
f:id:doutorer:20170530205624j:plain 
 
ふわふわそうなスクランブルエッグを見てると「今食べてあげるからね」と声をかけてあげたくなります。
 
 
実際食べてみると・・・。
 
 
まず、ソーセージが通常のジャーマンドックと違うのがよくわかります。何が違うかというと皮の弾け具合
 
噛むと「ばきり」とソーセージの皮が弾ける音がはっきりと耳に届きます。
 
また、ふわふわのスクランブルエッグの上にかかってるケチャップとマヨネーズを混ぜたような味のソースも口の中に同時に入ってきて、美味しい情報が多すぎて処理しきれません。
 
また、パンも香ばしく食べ応えもアップしてる気がします。
 
コーヒーとの相性もいいです。
 
ブレンドコーヒーがMサイズからしかなのは「Sにしてもどうせ足りなくなっちゃうよ」というメッセージなのではないかとも思える程。
 
 
ジャーマンドックという概念を超越してます。全店舗で提供して欲しいです。
 
 
ベイクドポテトは、塩味控えめでずーっと食べれる味。意外と厚みのある皮が美味しいです。

 
いやー、目、耳、味覚、双方向的に楽しませてもらえて僕は大満足でした。
 

お酒も飲めます!

f:id:doutorer:20170530101424j:plain

 
16:00からはバータイムに突入するようで、ドイツビールなどが提供されるようです。
 
しかし、昼間からも生ビール(キリン一番搾り460円)は飲めます。
 
時間はまだ14:00少し過ぎたくらいでしたが、僕はビールとジューシードックのバーベキューチキン330円を注文しました。
 
 
なんだかドトールでビールを飲むのはどこかいけないことをしてるというか、非日常な感じもあって、とにかく背徳感のようなものも感じます。
 
また、そういう感情を抱える一方で、ドトールに対して慣れもあるせいか、家で1人で飲んでるテンションになって結構酔いがまわるのが早かったです。 
 
 
700円程で1人飲みができるので、コスパもよくていいですね。
 
 
きっと近所に「ジャーマンドックカフェ」があったら夜な夜な1人の飲みに来て「あの人また1人で来てジャーマンドック食いながら酔っ払ってるよ・・・」とこそこそと店員さんに囁かれてしまうような大人になっていたかもしれません。
 
そういう意味で全国で2店舗しかない特別なドトールでよかったなーと思います。
 

まとめ

ドトール羽田空港は普通のドトールとはメニューも雰囲気も違いますし、キャリーバックを引いたお客さんなどが多く訪れたり非日常な感じが楽しめていいです。
 
ここでジャーマンドックはぜひとも食べて欲しいですし、ドトールで1人飲みをして過ごすというはなんだか不思議な気持ちになるので、普段よくドトールに行く方は一度来店してみてはいかがでしょうか。
 
 
f:id:doutorer:20170530205723j:plain 
 

スポンサー