学んで楽しむコーヒーチェーン

コーヒーチェーンのことを学んで楽しんでいただきたいです!

【珍しいドトール】ガソリンスタンド併設店の特徴まとめ

f:id:doutorer:20170507172907j:plain

 

 
こんにちわ。ドトール男こと福永です。
 
 
僕はドトールを100店舗以上訪問したことがあります。
 
 
「ドトールなんてどこも同じじゃない?」と思われる方も多いでしょう。しかしながら、ドトールは店舗によって様々な違いがあります。
中には「ええ!?こんなトリッキーなドトールがあるの!?」と驚いてしまうような店舗も存在するのです。
 
 
ぜひ、皆さんにもドトールに関心を持っていただきたいと思い、
今回はドトールの中でも珍しい店舗である「ガソリンスタンド併設店」の特徴をまとめさせていただきます。
 


スポンサー

 

 
特徴①ソフトクリームが食べれる!
 
 

f:id:doutorer:20170427112255j:plain

 
 
 
ガソリンスタンド併設店では店舗限定メニューのソフトクリーム(230円)を食べることができます。(一部店舗を除く)
 
 
しかもこのソフトクリーム「どうせ店舗限定のメニューなんだから惰性で作ってるんでしょ?どうせ美味しくないんじゃないの?」という風に思われる方もいるかもしれません。
 
しかし、こちらは北海道の生乳を100%使用しており、食べてみると甘くて濃厚で、思わず「観光地にある本格的なやつじゃん!」という感想を漏らしてしまう程です。
 
 
また、+100円で好きなドリンクをフロートにすることも可能です。しかも、アイスコーヒーフロート(320円)はシャリシャリの部分が多くて絶品です。(感想はこちらの記事に)
 
 

f:id:doutorer:20170419213112j:plain

 
 
コーヒーゼリーパフェ(370円)も、コーヒーゼリーがほのかに苦くさっぱりとした味わいで濃厚なソフトクリームとの相性は抜群です。
 

f:id:doutorer:20170424224814j:plain

 
 
 
 
特徴②朝までやってる!
 
 
 
ガソリンスタンド併設店は「相模原イースト店」「エッソ久留米ニュータウン店」のように営業時間が朝の3:00までのところがあります。
 
 
深夜までやってるカフェって少ないですよね。カフェ好きならば「コーヒーで1日を締めたいけどやってるところないから今日は帰るか・・・」と背中を丸めて家に帰った経験がある方もいるかと思います。
 
 
そんな時にこのような店舗があれば非常に助かります。
 
 
 
特徴③割引券がもらえる
 
 

f:id:doutorer:20170427112242j:plain

 
 
ガソリンスタンド併設店では20円引き券をくれる店舗が多く、注文の際にも「割引券はお持ちですか?」と聞かれることがあります。
 
 
また、感謝デーに使えるドリンク50円の割引券をくれる店舗もあります。ブレンドコーヒー1杯220円なので、割引券を使えばなんと170円でコーヒーが飲めることになります。驚くべき安さ。あと一歩で缶コーヒーにも手が届きそうな値段です!
 
 
さらに「エッソ所沢インター」のようにガソリンの割引券をもらえる店舗もあります。
 
 
ドトールをヘビーローテーションする僕的には割引券もらえる店舗が近所にあったら、わかりやすく歓喜してしまいます!
 
 
 
特徴④めっちゃ空いてる
 
 
 
こんだけ色んな特典があるのに、なおかつ空いてる店舗が多いです。
 
 
僕が訪問した「エッソ所沢インター店」なんかはお客さんが僕だけしかいなかったことがあります。いわばドトール貸し切り状態です。店員さんとマンツーマンで過ごすことができてすごく得した気持ちになれました。
 
 
 
もしかしたら、ガソリンスタンド併設店はドライバーの方しか利用してはいけないんじゃないかというイメージを持ってる方もいるかと思います。
 
実は地元の常連の方が利用するケースが多く、空いてる店舗では勉強等も捗るかと思いますので、ぜひとも利用してみてください。
 
 
特徴⑤お菓子が買える
 

f:id:doutorer:20170418234849j:plain

 
 
ドトールでは珍しくお菓子の販売をやっているところがあります。また、コーラなどのジュース類も売っているので、ドライブ中に「奥さんは熱烈にドトールを希望してるけど俺はジュース飲みたいからコンビニでいいじゃんって交渉しちゃおうかな・・・」などと悩む必要がありません。ぜひ、ドトールを利用してください。
 
 
 
まとめ
 
 
いかがでしたでしょうか?ガソリンスタンド併設店には様々なメリットがあります。また、ガソリンスタンド併設店の中でも違いがありますので、ぜひ観察してお気に入りのドトールを見つけてみてください。
 
 

スポンサー