1500回のカフェ男子

楽しくカフェの事をお伝えします!

スポンサー
MENU

フレーバーコーヒーとは

f:id:jyutakugyoseiku:20170409112700p:plain

 

コーヒーと一言で言ってもいくつも種類があります。今回はあまりカフェでは見かけない「フレーバーコーヒー」の基礎知識です。コーヒーは苦手でもフレーバーコーヒーは好きという方もいるくらいフレーバーコーヒーは特別なものという考え方もあります。


スポンサー

 

 

フレーバーコーヒーとは

 

フレーバーコーヒーとは簡単に言ってしまえば「香りをつけたコーヒー」の事です。コーヒーにはもともとコーヒー豆の香りがついておりますので香りをつけなくても風味はでます。フレーバーコーヒーというものはコーヒー豆の風味以外の香りをつけたコーヒーの事を言います。

 

フレーバーコーヒーで有名なものは「バニラ」などがあります。バニラ・ストロベリー・チョコレートなどがフレーバーコーヒーの風味と言えば想像されます。甘い香りが付いているのでコーヒーが苦手な人でも飲みやすいのです。

香りが甘いので味も甘いのかな?と思いがちですがそうではなく味はいたって普通のコーヒーです。基本的にはレギュラーコーヒー(ブレンドコーヒーのように豆をブレンドしていないコーヒー)なのでただ香りがついたコーヒーだ、と思っていただければ大丈夫です。

 

私もフレーバーコーヒーを飲みますが味は普通のコーヒーです。たまに香り付けされたものの味がすることはありますがそれはほんの少しだけです。

 

先ほど甘いフレーバーが主だったもの、と言いましたが別にフレーバーコーヒー=甘い香り、と決められている訳ではありません。香ばしいものやスパイスの香りなどもありますので甘い香りが苦手な方は違った香りで楽しむ事も可能です。

 

香りづけ

 

コーヒーに香りづけをするイメージがつきにくいかもしれません。コーヒー豆を焙煎する際に香りづけする場合と抽出する際に香りづけする場合があります。コーヒーの味には関わらないようにシロップを入れたりすることはありません。(味が変わるようなシロップ)ですのでカロリーもコーヒーと変わらずほとんどありません。

 

コーヒーというものは飲む際には必ず鼻から風味をまず楽しみます。その時に香りづけされたフレーバーコーヒーは風味を楽しむことができ、独特のコーヒーのように感じる事ができます。コーヒーが苦手な方も、普通のコーヒー意外のコーヒーに挑戦してみたいかたもオススメです。一度、フレーバーコーヒーを試してみてください!

 

ハワイ大人気 ライオンコーヒー バニラマカダミア フレーバー・粉(198g・袋)

ハワイ大人気 ライオンコーヒー バニラマカダミア フレーバー・粉(198g・袋)

 

 


スポンサー