学んで楽しむコーヒーチェーン

学んで楽しむコーヒーチェーン

コーヒーチェーンのことを学んで楽しんでいただきたいです!

ドトール|ミルクレープの魅力について

f:id:doutorer:20171016153559j:plain

 

今回はドトールのミルクレープの魅力についてお伝えさせていただきます。

徹底的にこだわられ、手間をかけて作られているミルクレープのことを知ると「それをこんなお得に食べれるんだ!」と感じていただけるのではないかと、思っております。

 

スポンサー

 

ミルクレープの基本情報<値段とカロリーなど>

f:id:doutorer:20171016163946j:plain

(画像元:https://www.doutor.co.jp/dcs/menu/list/sweets.html)

料金 カロリー
360円 270kcal

14時からのドリンク付きセットは550円~

 

ドトールのミルクレープは、なめらかなクレープの生地、高級なバニラを使用したクリームが折り重なり、とろける口どけを提供してくれます。コーヒーに合うスイーツというコンセプトに作られており、ドトールのコーヒーの良さも引き出してくれます。

 

ミルクレープの歴史

 

ドトールのミルクレープは1996年に発売されました。元々は、一部の店舗のみでの販売でしたが、あまりの美味しさから「うちの店にも置きたい」という声が殺到したそうです。

これがきっかけでドトールの各店舗には、ミルクレープとともにケーキケースが置かれるようになりました。それによって、ケーキの開発がスムーズに進むようになったそうです。

 

ミルクレープのこだわり

36万食を手作業で

月に36万食程作られると言われるミルクレープ。その製作過程はほとんど手作業で行われていると言います。 

15枚の極薄生地にホイップクリームを丁寧に重ねる作業を大量にこなすのは、容易な作業ではありません。また、ミルクレープの最上段についている焦げ目も全て手作業によるものです。

高い技術を兼ね備えた製造スタッフの方々の手作業によって、究極のくちどけを感じるミルクレープは生み出されています。

 

フライパンで焼いたような生地を再現

ドトールのミルクレープの生地は、元々はフライパンで焼かれていました。

このフライパンでの焼き加減を再現するために、世界に1台しかないドトールオリジナルのオーブンを使用し、極薄のクレープは焼かれています。

味には妥協せずに、機械がないなら生み出してしまうというのがドトールらしいところです。(美味しいコーヒーを生み出す過程でも、オリジナルの機械を開発します⇒ドトールの「ブレンドコーヒー」は220円!安くて美味いには理由がある!

 

実際に食べてみた感想

f:id:doutorer:20171016200749j:plain

 

生クリームがひんやりしていて、上品で繊細な甘さをしています。口の中に入れた瞬間、生地とクリームがとろけてなくなっていきます。高級感を感じさせる味わいです。これが360円で食べられるのはお得だと思います。

 

また、ミルクレープにフォークを入れても潰れたり崩れることはなく、どっしりと佇んでいます。ビジュアルも乱れることがなく、見た目にも品の良さを感じさせます。

 

コーヒーとの相性もよく、甘いものが食べたい午後にはぴったりのスイーツだと思います。

 

ドトールのミルクレープは食べたことのない方は、ぜひ一度食べてみてはいかがでしょうか。

 

www.ftcompany.site

スポンサー