読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1500回のカフェ男子

楽しくカフェの事をお伝えします!

スポンサー

カフェオレとは

カフェ基礎知識

f:id:jyutakugyoseiku:20170329212946p:plain


スポンサー    

 

カフェによっては無い場合もありますが人気のある「カフェオレ」というメニュー。カフェオレとはどのようなドリンクなのか、知識をつける事でカフェをより楽しんでいただければと思います!

 

 

 

カフェオレとは

 

カフェオレは「カフェ」「オ」「レ」という言葉が合わさったものでもともとはフランス語でした。カフェはコーヒー、オは前置詞、レは牛乳という意味です。つまり簡単に言えば「コーヒー牛乳」という事です。

 

カフェオレは基本的にコーヒー牛乳なのでコーヒーと牛乳が混ざっていれば「カフェオレ」と呼ぶことができます。日本では似たようなドリンクに「カフェラテ」というものがあります。カフェラテはコーヒーが「エスプレッソ」を使用します。そこにカフェオレとカフェラテの違いがあります。

 

つまりエスプレッソを使っていないコーヒー牛乳が「カフェラテ」と日本では呼ばれているのです。

 

エスプレッソコーヒーは簡単に言えば味が濃いめのコーヒーなのでカフェオレはカフェラテに比べてマイルドな味わいになっていると私は思います。(カフェラテとは

 

ちなみにカフェラテはイタリア語でカフェオレはフランス語です。同じコーヒーのドリンクで同じような名前のドリンクなのに発祥が違うのも面白いです。

 

カフェのカフェオレ

 

・ドトール

ドトールにはカフェオレというメニューがありません。しかしハニーカフェオレというメニューが唯一「カフェオレ」と名の付くメニューとして存在しております。ハニーカフェオレは「はちみつ」や「コンデンスミルク」が入っているそうです。Mサイズより。(Mサイズは320円)

 

・タリーズ

タリーズにもカフェオレというメニューはありません。唯一存在するのが「カフェオレスワークル」という名前のフローズンカフェオレです。カフェオレがフローズンドリンクのようになっており、程よい甘みで美味しいです。(Sサイズ410円。)

 

・スタバ

スターバックスには「カフェオレ」と名前のつくメニューすら存在しておりません。

 

以上有名カフェチェーンには「カフェオレ」というメニューは存在しておりませんでした。意外と日本のカフェではカフェオレは用意されていないようです。カフェオレのあるカフェチェーンは「ベローチェ」や「コメダ珈琲店」などでしょうか。

 

カフェオレはおうちでも簡単に作れる為、カフェオレを飲みたい場合は家でまったりとカフェオレタイムを過ごすのもいいかもしれません!

 

AGF ブレンディ スティックカフェオレ 100本

AGF ブレンディ スティックカフェオレ 100本

 

www.ftcompany.site


スポンサー