読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1500回のカフェ男子

楽しくカフェの事をお伝えします!

スポンサー
MENU

水道橋の喫茶店「晴山」でモーニング~振られて激酔い~

f:id:doutorer:20170321181606j:plain

 
スポンサー  
 
今日は水道橋駅から徒歩3分の場所にある「晴山(せいざん)」に僕は来た。
 
「晴山」の道路を挟んだ向こう側には、東京ドームや遊園地、またWINZという競馬ができるスポットがある。
 
WINZでは、くしゃくしゃのスポーツ新聞を握りながら、予想が外れて「バカヤロー!」とブチ切れるおじさんが1人と言わず何人もいる。
 
だから「晴山」近くの通りを歩くとなんとなく騒がしイメージを想起させるが、
そんな中「晴山」は落ち着いた佇まいで店を構える昭和タイプの喫茶店である。
 
 
モーニングセット530円というのに釣られて入店する。
 
店内のお客さんは僕1人、カウンター4席に2人席が数4卓ある細長くこじんまりしている。
 
ラジオ番組が流れていて、パーソナリティーの人が歌舞伎役者にインタビューしていた。
 
全席喫煙可だ。
 
一番奥の席に座り、お目当てのモーニングセットを注文する。
 
 

f:id:doutorer:20170321181736j:plain

 
スポンサー
 
 
店主のおじさんはGパンに紫のナイロンのジャケットを着て腕まくりスタイルという、喫茶店のマスターとしてはかなりファンキーな格好をしていた。
 
昨夜は友人卓にて朝まで飲んでいて、風呂に入ってない人特有の髪のしっとり感が出ていたので
 
「みすぼらしいやつが来た!こんな雰囲気のよい喫茶店に!」
 
とマスターの方に、そういった不快感を与えてしまうかもしれないと懸念していたが、
 ファンキーな格好をしているので気にしないでいてくれそうと思い安心する。
 
 f:id:doutorer:20170321181832j:plain
 
以前、水道橋に来た時も飲んでいた。
 
その時は女の子に振られてしまい、記憶がなくなる程日本酒を飲んだ。
 
気がつくと朝で、カラオケにいたはずが友人宅の風呂の中で寝かされていた。
 
 
その日の昼に、友人から遊園地の方へ行こうと言われて散歩していたものの、
 あまりの2日酔いと眠気で途中歩けなくなってしまい、子供がなんかのアトラクションに並んでる横で
 
「15分だけ寝かせて!」と言って膝を抱えて路上で眠りにつこうとしたことがある。
 
 
その時は心の中で「母親とかは子供にこういうの見てはいけないというのだけど、むしろこういうものこそ見せるものだ!」
 
という謎の教育論を唱えていたという記憶がある。
 
 
そんなことを思い出した「晴山」だった。
 

f:id:jyutakugyoseiku:20170321184513p:plain

 

夜カフェ?リラックス

夜カフェ?リラックス