読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1500回のカフェ男子

楽しくカフェの事をお伝えします!

スポンサー

コメダ珈琲「橋本店」~シロノワールと甘味の注文~

相模原

f:id:jyutakugyoseiku:20170301225138p:plain


スポンサー    

 

神奈川県相模原市にあるコメダ珈琲「橋本店」に僕はやってきた。

 

 

ここは他に「ステーキのどん」や「サーティーワンアイスクリーム」などが店舗として並んでいるモールの一角にある。

 

駐車場もあり、基本は最初の1時間200円だがコメダ珈琲を利用すれば2時間半無料になる。

 

 

そんなコメダ珈琲「橋本店」に初めて入店した。

 

平日の昼間というのに店内はとても賑わっていて僕が入店した時は喫煙のカウンター席しか空いていなかった。

 

ここは分煙なので禁煙席も喫煙席もあるが正直どこから喫煙席でどこまで禁煙席なのか分からない。

 

仕切りが全くと言っていいほど無い。

 

なので喫煙者の僕からすれば広々した空間でタバコを吸えてとても気持ちが良いのだがタバコの匂いを感じてしまう可能性のある禁煙者の方は気持ちが良くないのではないだろうか。

 

そんなことを考えながらゆったりとした時間を過ごしていた。

 

 
スポンサー
 

 

コメダ珈琲についてはこのブログ内でも何度か描いたことがある。⇒コメダ珈琲国分寺店 ~二度目の来店~

 

いつも思う事だがコメダは食事のボリュームがある。その為、金欠時や小腹が減った時はあまり対応できないという難点がある。

 

豆菓子では我慢できないがカツサンドを食べるほどではない

 

そんな時に僕がいつも注文するのは「ホットドック」だ。

 

ホットドックはドトールのミラノサンドくらいの大きさだから小腹が空いている時にはぴったりだと思う。価格も420円でコメダ料理にしては安い。

 

 

あと、誰かと食べてみたいのが「シロノワール」という大きなケーキだ。

 

大きなデニッシュの上にソフトクリームが乗っておりそこにシロップがかかっている。

 

あたたかいパンとソフトクリームの相性は良い。

 

昔誰かと食べたことがあってその時に学んだグルメ感覚である!

 

これは一人では食べられない。

 

もちろん量もあるが「注文」ができない。恥ずかしい。

 

こういうのを一人で注文できる男になりたいものだ。福永くんであれば何の恥ずかしさも無く注文できるのだろうか。スタバでも彼は甘いかわいいやつを頼んでいた。(福永くんと行ったスタバ⇒スターバックス国分寺店 ~ビッグプロジェクト~

 

コメダ珈琲「橋本店」ではそんなことを考えていたらあっという間に駐車時間の2時間半が迫っていた。早く車を出さなくては。

 

 

~福永より~
 
シロノワールはコメダ珈琲に1人で行った時に注文して食べたことがある。
 
りょーてつくんは文中でシロノワールを「大きなケーキ」と説明しているけど、
あれはケーキというよりソフトクリームが乗ったパンだと認識している。
 
だから僕はシロノワールはデザートというより、お昼ごはんという感覚で食べた。
 
 
あと僕はかわいいやつを注文することに抵抗がない。
 
恥ずかしいという感覚はないな。
 
僕は居酒屋でも序盤からカルーアミルクを頼んだりする。
 
「OLかよ」というツッコミを「ここまで言われるなら本当に僕はOLなのかもしれない」と頭をよぎるほどの回数をされてきたと思う。
 
 
けど、最近はカルーアミルク頼んでもそういうこと言われることが少なくなったな。
 
きっともう男の人が甘い飲み物を注文するのが普通の時代が来ているのかもしれない。
 
 
だから恥ずかしがらなくてもいいと思う。以上。