読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1500回のカフェ男子

楽しくカフェの事をお伝えします!

スポンサー
MENU

箱根「ユトリロ」 ~絵画に対して思う事~

f:id:jyutakugyoseiku:20170226154700p:plain


スポンサー

 

 

箱根湯本駅徒歩5分の場所にあるカフェ「ユトリロ」。

 

 

僕は今、箱根旅行中である。

 

 

なぜいくつかある箱根のカフェの中でもここを選んだのか。それは福永くんが以前来たことがあると言っていたからである。

 

別に福永くんが来たことがあるからと言ってどうという事は無いのだが、何となく福永くんが旅行中にどんなカフェに行くのか気になったので来てみた。

 

 

旅行先でのカフェは選択が難しい。

 

何故なら前情報がほとんど無いでカフェに行かなければならないからだ。もちろんインターネットが普及した今、ネット上に全く情報の無いカフェはほぼ無い。

 

しかし、お店の中の雰囲気であったりコーヒーの味、店員さんの態度等は行ってみなければ分からない。

 

「せっかくの旅行で嫌な気分になりたくない」という気持ちから僕はチェーン店を選択してしまう事がある。それが一番のミステイクな事は頭では分かっていても心がついていかないのだ。

 


スポンサー

 

 

そんなこんなでカフェ「ユトリロ」の前へ。店構えは古い喫茶店で昔ながらの観光地のカフェだ。お世辞にもキレイとは言えないが逆にこういうお店の方が奇跡を起こす可能性があるので好きだ。

 

店内に入るとまず目に飛び込んでくるのは「5歳児くらいの背丈の女の子の人形」だ。

 

少々びっくりする。

 

「画廊カフェ ユトリロ」の名の通り壁には絵画が飾られていた。なぜ店内の真ん中にあの人形が置かれていたのか、最後までよく分からなかった。

 

 

お店は通路を挟んで手前が禁煙席、奥が喫煙席。

 

僕は喫煙者なので喫煙席へ。

 

喫煙席に入ると、壁一面には絵画が。

 

その絵画は禁煙席に飾られていたような「飛行機」の絵画などではない。

 

その全てが「全然興奮できない淫靡な絵画」である。

 

しかも絵画には珍しく「登場人物が同じ」というシリーズ絵画である。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170226154812p:plain

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170226154925p:plain

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170226155106p:plain

 

 

この絵画に出てくるおじさんと(おそらく)売春婦の何とも言えない表情を見ていたら、30分後には慣れてきたのか何故か絵画ともどもカフェの居心地がとても良くなっていた。

 

このカフェを紹介してくれた福永くんはどんな気持ちで紹介をしたのか。気になるところである。

 

~福永より~

 

僕はこの喫茶店に当時付き合っていた彼女とるるぶを見て来た。
 
この喫茶店は箱根湯本という観光地にある絵がたくさん飾ってある特殊な喫茶店だ。
 
かなりの非日常であり視覚から入ってくる情報量が多いことから、ゆっくり過ごすというよりアトラクションを楽しむ感じで過ごす喫茶店であるように感じた。
 
また、僕は店内の絵をふと悩ましげな表情で見ることで、彼女から
「この人は絵に対して理解のあるセンスある人だ。すごい」
と思われることに集中力を費やしていたため、この喫茶店をフルで満喫できていなかったように感じる。
 
だからりょーてつくんが、フラットな気持ちでこの喫茶店に行ったらどんな感想を抱くのかを知りたかった。居心地がよくなっていったのか。羨ましい。
 
今度行く時はもっと真摯にこの喫茶店と向き合いたいな。