学んで楽しむコーヒーチェーン

コーヒーチェーンのことを学んで楽しんでいただきたいです!

サンマルクカフェ「高円寺南口店」 ~応援したくなるカフェ~

     f:id:jyutakugyoseiku:20170220203252j:plain

 

中央線、高円寺駅南口から徒歩3分の場所にあるカフェ「サンマルク 高円寺南口店」。今日は福永くんとここに来た。

 

僕はここに来るのが初めてだった。

 

ここのサンマルクはカフェにしては珍しいつくりだ。それは喫煙席が1階にあるという事である。2階建てのカフェなのであるが、大抵喫煙席は最上階の一部に追いやられてしまう事が多い。しかし、ここの店舗は1階の一部が喫煙席で2階は禁煙席となっている。

 

サンマルクカフェのコーヒーはオーダーがあってから豆を挽いて蒸らすらしい。カウンター前で注文をしてから商品を受け取り、自分で席まで持っていくというセルフサービスカフェで初めて「オーダー後に豆を挽いて蒸らす」を導入した。

 

意外と、と言っては失礼だがサンマルクカフェはカフェの歴史を変えている。

 

サンマルクカフェと言えば「チョコクロ」である。チョコクロは期間限定で色々な味を展開する。僕らが行った時は「はちみつミルクチョコクロ」(180円税別)だった。

 

福永くんはまんまとその「期間限定」のうたい文句にハマり(かは分からないが)、注文していた。

 

「うまそうじゃん」

 

と言っていた。確かにおいしそうだった。

 

ちなみにサンマルクカフェのブレンドコーヒーはSサイズ1杯200円。しかし、商品は税別表示である。別に悪い事をしているわけでは無いので僕が悪いのだがいつも「意外とサンマルクはドトールより20円も安いんだな~」と思ってしまい、会計時に「216円です(消費税が16円プラスされるため)」と言われて何故か損をした気持ちになる。

 

これはチェーン店系カフェ好きあるあるではないだろうか。

 

ちなみにチェーン店系カフェで僕が知っている中で最も安いブレンドコーヒーは株式会社シャノアールが展開する「ベローチェ」で税込み200円である。2016年に値上がりしたため190円から200円になった。

 

次に安いのは全国チェーンの中ではサンマルクカフェではないだろうか?

 

しかし最近ドトールは「ドトールバリューカード」というドトール限定で利用できるプリペイドカードを発行しポイント還元という方法で値引きを行っている。このようなチェーン店系カフェの価格競争も注目すると面白い。

参考:ドトールバリューカード×キャッシュレス=11%還元以上!

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170220203517p:plain

 

福永くんとここに来たのは僕らのトークライブ前に時間を潰す為だった。

 

福永くんは1年前まで芸人で、舞台に立つのは1年ぶりだった。とても嬉しそうで今日は特に僕に多く話しかけてきた。僕はめんどうだったので終始そっけなく対応していた。

 

しかし、それを感じていたのかお店を出る前に僕が「女性の心があまり分からない」と言ったらドヤ顔で「僕の方が中性的だからこの分野では僕の方が上だね」と言ってきた。

 

中性的だからと言ってこんなにもドヤ顔できる人間を見たのは生まれて初めてだった。

 

 

そんな福永くんにサンマルクカフェ高円寺南口店の印象を聞いてみた。

 

 

福永「僕はここの近くのカラオケ店でバイトしていて、仕事終わりによく来た」
僕「そうなんだ」
 
福永「朝5時30分起きで13時までの勤務でまどろみながら珈琲とチョコクロを嗜んでいた」
僕「バイト終わりの楽しみだったんだね」
 
福永「うん。自分にご褒美あげないとね。だってバイトしたんだから」
僕「ご褒美あげるようなことでもないだろ。自分にあまあまかよ」
 
 
スポンサー
 
 
福永「あと、ここは店員さんが大学生くらいの人多くて、みんなで仲良く喋ってる印象をうける」
僕「確かに今日いた店員さんも仲良さそうだったよね」
 
福永「あんなに男女で仲良く喋って…楽しそうで…幸せそうで…あの2人はもう死んでも悔いないだろうな」
僕「夢の基準が低すぎんだろ」
 
福永「でも、そういうバイト先って羨ましいよね」
僕「そうだね。楽しそう」
 
福永「楽しそうだけど、ここの店員さんは2階のおぼんを下に持っていくのが大変そう」
僕「そうなの?」
 
福永「うん。2人で回してる時とか忙しさのあまり、どうしても上の方におぼんが溜まってきちゃうから忙しい合間を縫ってそれを下に持ってくのが大変そう」
僕「階段も広くはないしな」
 
福永「ここの店員さんのこと応援してるよ」
僕「何目線だよ」

 

 

 

 

 

 そんな「サンマルク高円寺南口店」。店員さんを応援しに行きたい方は1階で食事をしてください。

 

 

 

 
スポンサー
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カフェをつくりたい人の本【電子書籍】
価格:1234円 (2017/2/21時点)