学んで楽しむコーヒーチェーン

コーヒーチェーンのことを学んで楽しんでいただきたいです!

国分寺駅北口徒歩4分、クラシックのかかるカフェ

f:id:jyutakugyoseiku:20170125140751p:plain

 

 

国分寺駅北口を出て徒歩4分の場所にあるカフェ「でんえん」。

 

今日は福永くんとここに来た。

 

 

「でんえん」は以前(2年前)に福永くんが教えてくれて一回だけ行ったことがある。以前行った際はクラシックのイメージプラス店内が暗い、ぐらいのイメージしかなかった。

 

前に行った時は店主(絵本から飛び出してきたようなおばあさん)に「タバコを吸っていいですか?」と聞くと「3本だけね」と言われたので今回もタバコはそんなに吸えないのだろうと思って行った。

 

 

中に入ると意外とクラシックの音量は小さく、絵が飾ってあったり本が乱列したりしていて昔ながらの喫茶店の雰囲気がありとても心地が良かった。以前行った時と同じおばあさんもいた。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170125140841p:plain

 

テーブルは一つ一つ違い、椅子はふかふか。「パソコン・携帯電話使用禁止」の張り紙があるので閉ざされた空間に入ったようで落ち着いた。

 

おばあさんに「タバコを吸ってもいいですか?」と聞くと「節煙のご協力をお願いします」の張り紙を指さしながら「1本だけね」と言われた。

 

減っていた。

 

禁煙ブームの強い風はここにも吹いていた。

僕は一人につき1本という解釈を勝手にして2本吸った。(福永くんは非喫煙者)

 

ホットコーヒー(480円税込)を頼んだ。角砂糖がソーサーに置かれたティースプーンに乗せられて出てきてそれもこの「でんえん」の雰囲気にとてもぴったりでとにかく落ち着いた。

 

 

そんな「でんえん」の印象を福永くんに聞いてみた。

 

 

 

福永「もっと前に来た時は音楽が大きかったよね」

僕「うん」

 

福永「話すというよりもコーヒーを一人で楽しむという印象だった」

僕「確かにそうだね」

 

福永「なおかつ携帯とパソコンが禁止だから良いよね。コーヒーに集中できる」

僕「俺の印象と全く同じだ。なんか嫌だな」
 
福永「なんで嫌がるのよ!僕とリンクすることに感動してよ!」
僕「する訳ないだろ。気持ちが悪い」
 
 
 
スポンサー
 
 
福永「あと、以前ここで漫才のネタを書いた時、店が優雅で上品な感じだから」
僕「うん」
 
福永「その雰囲気に飲まれてネタも上品で優雅なものになり、結果的に激スベリ必須の漫才を作ってしまったことがある」
僕「そのエピソード前も聞いたわ」
 

福永「え?」

僕「2年前に来たときと同じエピソードを同じ場所でしゃべるなよ」
 
福永「いや、別にいいでしょ!時を経て感じ方も変わるだろうし」
僕「何も変わらねーよ」
 
福永「世知辛いな~」

僕「声でけーわ」

 

 

 

 

 

そんな国分寺駅北口徒歩4分の場所にたたずむ喫茶「でんえん」国分寺駅でクラシックを聴きたくなったら是非足を運んでみてください。

 

 
スポンサー